\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

小林遼被告による新潟小2女児殺害事件。裁判からみえた極悪卑劣な犯行と異常な精神状態。

もくじ

新潟小2女児殺害事件で死刑求刑

新潟小2女児殺害事件とは

  • 2018年5月に新潟市内の線路で小学2年生女児の死体が発見された
  • 犯人の逮捕後、死体に性的暴行を行われていたことが判明した
  • 犯人に反省の色は薄く、死刑が求刑されている

新潟小2女児殺害事件の極悪卑劣な犯行

2018年5月7日新潟県新潟市西区の線路上で小学2年生女児の死体が発見されました。事件発生の1週間後犯人として小林遼(こばやしはるか)被告(当時は容疑者)が逮捕されました。 小林遼被告は被害者女児を殺害後、性的被害などを加えたと見られています。

小学2年生の女児に車で衝突

小林遼被告は7日午後3時過ぎ、被害者の女児が下校途中で友人らと別れた隙を狙って連れ去られたものと見られています。 小林遼被告は車で走行中被害者の女児に衝突してしまい、動揺してしまいそのまま女児の首を絞め気絶させ連れ去り、わいせつ行為を行いました。 事件発覚を恐れた小林遼被告は女児を殺害し遺体をバラバラにした上で線路上に遺棄し飛び込み自殺のように見せかけたとされています。 小林遼被告は一連の事件の計画性やわいせつ行為に関して否認を行っていました。

強制わいせつなど様々な罪に問われていた

小林遼被告は以下の罪状に問われています。 ・殺人罪 ・死体遺棄罪 ・死体損壊罪 ・強制わいせつ致死罪 ・わいせつ目的略取罪 ・電汽車往来危険罪 ・児童売春 ・児童ポルノ禁止法違反 遺族は悲痛な悲しみを訴え、一貫して死刑判決を求めてきました。

小林遼被告

小林遼被告の裁判は11月8日から始まりました。検察は極めて悪逆非道な行為として、被害者1名の殺人事件としては異例の死刑を求刑ました。 小林遼被告は別の女児に対するわいせつ事件で書類送検された過去があります。今回の裁判でも反省の色はなく、裁判の行方に注目が集まっています。

小林遼被告がペドフィリアである可能性

小林遼被告は以前にも女児に対しわいせつ行為や連れ去りなどで事件を起こしていたことが判明しています。 余罪も含めて考えると小林遼被告はペドフィリア(小児性愛)であった可能性が高く、余罪の時点で何かしらの対策を講じるべきであったと言えます。 ペドフィリアによる性犯罪は最近では問題視されており、厳罰化への動きも見られます。

裁判では反省の色はなく

「新潟小2女児殺害事件」の裁判員裁判の公判に、精神科医が証人として出廷しました。 精神科医によると小林遼被告は犯行を全く反省しておらず、死刑でも構わないと語っていたようです。 しかしながら求刑後の最終陳述では一転して、小林遼被告は事件への反省と贖罪を口にし深々と3回頭を下げたそうです。

スマホの検索履歴には残忍な言葉が並べられていた

小林遼被告のスマートフォンは「新潟小2女児殺害事件」の証拠として押収されました。このスマートフォンを調べたところ、ブラウザの検索履歴に以下のような残忍な検索ワードが出てきました。 ・「女体 死体 恋愛 ネクロフィリア」 ・「セックス 可能 年齢」 ・「死体 線路 飛び込み」 ・「線路 監視カメラ」 この検索は20時から22時前にかけて行われているため、被害者女児殺害後に性的暴行や死体遺棄を行うために調べたものと見られています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる