\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

勝谷誠彦氏の死因は重症アルコール性肝炎。アルコール依存とうつ病と戦った彼の生涯に注目。

もくじ

1分でわかる勝谷誠彦氏

勝谷誠彦氏とは

  • 1960年兵庫県尼崎市生まれのコラムニスト
  • 取材や執筆の傍ら、講演活動やメディア出演で注目を集める
  • 肝臓の疾患により、2018年11月に57歳で死亡

勝谷誠彦氏はフリーのコラムニストで、豊富な知識と地道な取材によって裏付けされる鋭い発言が人気の人物でした。記者時代に担当した「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の未成年加害者の実名・顔写真報道に踏み切った人物であることでも知られています。 歯に衣着せぬ物言いが人気を集め、数々のテレビ番組でもコメンテーターとして活躍していましたが、アルコール依存が原因で肝臓を病み、重症アルコール性肝炎にて57歳の若さでこの世を去りました。

勝谷誠彦氏の経歴

(画像:Unsplash

鋭い視点と語り口で世相を斬る姿が人気を集め、数多くのテレビ番組にも出演していた勝谷誠彦氏ですが、激務のせいでストレスが大きかったといわれています。 勝谷誠彦氏をアルコール依存に走らせてしまった原因とは何だったのでしょうか。勝谷誠彦氏の経歴を詳しく解説していきます。

早稲田大学を卒業後週刊誌で働く

勝谷誠彦氏は1960年に兵庫県尼崎市で生まれました。早稲田大学第一文学部を卒業したのち株式会社電通に入社しましたが、数カ月で退職しています。 その後株式会社文藝春秋に入社し、記者として活躍しています。週刊文春の記者の頃に、当時大きな話題となった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」を担当し、未成年加害者の実名と顔写真を掲載したことで議論を呼びました。 35歳で文藝春秋を退社し、フリーのコラムニストに転身しました。

コラムニストとして活躍する傍ニュース番組やワイドショーにも出演

コラムニストとして独立後は取材や執筆活動を行う傍ら、講演活動を行ったり、コメンテーターとして数々のテレビ番組に出演し人気を集めました。 よしもとクリエイティブ・エージェンシーとマネジメント契約を結び、東京や大阪のテレビ局やラジオ局で多くのレギュラー番組を担当していました。当時は日本各地を飛び回って非常に多忙な日々を送っていたといわれています。 2017年には兵庫県知事選挙に立候補を表明しています。教育や観光振興に力を入れていく意向を持っていましたが、落選しました。

勝谷誠彦氏とうつ病

(画像:Unsplash

雑誌記者やコラムニストという職歴も、ニュース番組のコメンテーターという経歴も、華々しい活躍とは裏腹にストレスが大きいは容易に想像ができます。 勝谷誠彦氏はテレビで活躍中であった2015年に、自身のブログ「勝谷誠彦の××な日々。」にて自らがうつ病を発症したことを公表しました。また自身がコラムを執筆している週刊SPAで「うつ病は恥じる必要はない」と、同じ病気で悩む人々に呼びかけています。 鋭い発言で討論では誰にも負けないイメージが強かった勝谷誠彦氏のうつ病告白は、多くの人を驚かせることとなりました。

勝谷誠彦氏はアルコール依存症に

(画像:Unsplash

勝谷誠彦氏の激務やストレスの発散方法は「お酒」でした。毎日欠かさず飲んでいた勝谷誠彦氏の飲酒暦は40年以上ともいわれています。切り離すことが出来なかったアルコールは、次第に勝谷誠彦氏の身体を蝕んでいきます。 もともと仕事に対しては非常に真面目でストイックな性格でしたが、テレビ番組の降板などが重なり仕事が無くなった時は昼間からでもお酒を飲むようになりました。 また両親との死別やうつ病の症状などもありお酒の量は増え、自身でお酒をコントロールできないアルコール依存症の状況にまで陥ってしまいました。

勝谷誠彦氏は重症アルコール性肝炎で死亡

(画像:Unsplash

2018年8月に体調不良により搬送された病院で「重症アルコール性肝炎」と診断され、そのまま緊急入院となりました。肝臓は通常の5倍以上にまで腫れあがり他の臓器を圧迫していました。腎臓も半分以上が機能していない状況でした。 アルコールを絶って肝臓の機能が戻れば回復できるという診断のもと、お酒を断ち闘病生活を進めた結果10月には退院することができましたが、またすぐに飲酒をはじめてしまいました。 その結果再び入院することとなりましたが、病室で隠れて飲酒をしてしまうような状態でした。本人はアルコール依存を認めず、近親者が依存症治療施設の入所を検討していた矢先に、容態は急変しそのまま帰らぬ人となってしまいました。

勝谷誠彦氏の死を惜しむ声が多かった

(画像:Unsplash

勝谷誠彦氏の突然の訃報には、芸能界や文学界の関係者から多くの惜別の声が相次ぎました。「何でも書ける優秀な書き手」「早いし上手い」「才能が溢れている人」など、勝谷誠彦氏の太く短い人生を惜しむ声は尽きません。 勝谷誠彦氏が記者時代の代表的なスクープであった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」において、事件の凄惨さと被害者の置かれた心情に触れ、未成年加害者の実名・顔写真報道に踏み切ったことは、勝谷誠彦氏の取材記者としての信念の表れでした。 テレビ番組のコメンテーターとして歯に衣着せぬ鋭い発言で豪快な人柄に見られますが、勝谷誠彦氏をよく知る人は「繊細で気が小さく寂しがりやな性格で、自分を強く見せようと無理をしている」と評していました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる