\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

Facebook創業者マークザッカーバーグのこだわりは。名言や服装について迫る。

もくじ

Facebookの創業者マークザッカーバーグ

マークザッカーバーグとは

  • コンピューターソフトの開発に夢中になる
  • 大学時代にFacebookを作り出す
  • 現在も世界的企業のトップとして君臨している

ザッカーバーグの経歴

(画像:Unsplash

Facebookの創始者になるザッカーバーグは小さい時から才能を開花させていました。父の仕事の助けとなるソフトを12歳で開発してしまったのです。 なぜFacebook開発に至ったのか、その生い立ちから解説していきます。

【関連記事】富士そばの営業テクニックと社長の思想についての記事はこちら

生い立ち

1984年のニューヨークに生まれたマーク・ザッカーバーグは、父の影響で幼い時からコンピューターが大好きな子供でした。家庭教師の教育もあって12歳の時に初めてソフトを作り上げます。 高校に進学すると成績が優秀だったために、家から遠く離れた名門校に転校しました。高校でもソフトを開発し、誰でも使えるようインターネットにアップします。 そのソフトが話題を呼び、ついにはマイクロソフトからも一目置かれる存在になるのです。

ハーバード大学

高校を卒業すると、世界大学ランキングでも常時トップに君臨するハーバードに進学します。大学でも新しいソフトを作れないかと躍起になります。 そこで新しいサイトを設立し、大学内で情報の共有を可能にするシステムを作り上げたのです。これが後のFacebookの原型です。彼の作るソフトは大学時代から人を繋げる役割を果たしていたのでした。 その他にも大学に通う女子学生を格付けするサイトを作ったり、サーバーのセキュリティを破るなど数々の問題を起こしました。

Facebook

(画像:Unsplash

幼い時からソフトを作っては人々を驚かせていたザッカーバーグは、ついにFacebookを作り出します。 会社を設立後はアイデアマンやエンジニアとしてだけではなく、大企業を運営する実業家としても評価されていくのです。

大学生間のコミュニケーションツールとして誕生

Facebookの元となったのはハーバード大学だけで使える交流システムです。主に履修している授業の共有に使われました。このシステムの登場で大学中の授業スケジュールが確認できるようになったのです。 それが話題となりスタンフォードなどの他の大学でも使われるようになります。Facebookは口コミで徐々に広がっていき、最終的には全米の学生たちの間で使われました。 この時点では学生のみが使えるサービスだったのですが、2006年には一般公開が始まります。

世界最大規模のSNSに

Facebookはアメリカ中で広がり、マイクロソフトなどの大手企業と提携していきます。広告が付けられ、ビジネスとしての価値を見出されたのをきっかけに世界展開が始まります。 初めての海外法人が設立されたのは日本です。現時点で2600万もの日本人がFacebookを利用しています。世界中で数えると23億人がFacebookアカウントを持っているのです。 しかし中国国内では共産党による規制により、使用が制限されています。

ザッカーバーグの服装へのこだわり

(画像:Unsplash

ザッカーバーグの写真を見ると毎回同じ服装でいるのが分かります。灰色のTシャツとジーパンがトレードマークにもなっているのです。 これは多くの成功者にも共通する点で、例えばスティーブ・ジョブズやアインシュタインも毎日同じ服を着ています。これは決断する数を減らすためです。 毎日多くの重要な決断を下さなければならない成功者にとっては、服を決める時間すら惜しいのです。彼らは無駄なエネルギーを使わないことで生産性を上げています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる