\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

ビルゲイツの凄みとは。名言や資産、大事にする読書に迫る。

もくじ

天才・ビルゲイツ

ビルゲイツとは

  • 高校時代からコンピューターの魅力にのめり込む
  • マイクロソフトを設立し大企業へと育て上げる
  • 資産を使って慈善活動を行う

ビルゲイツの経歴

(画像:Unsplash

ビルゲイツは幼少期からコンピューターが大好きな少年でした。新しい物に目を奪われる好奇心旺盛な子供だったのです。 そんな名もなき少年が、たった一代で莫大の資産を築き上げるまでの道のりを解説していきます。

幼少期

子供時代のビルゲイツは大変な読書家で、辞書やサイエンスフィクションの本を熟読していました。食事中も本を読んでしまうほどで、両親から注意されることもあったようです。 またコンピューターに関する関心が非常に強い少年でもありました。当時はまだコンピューターが世に出て間もない時代だったにも関わらず、13歳の時には大人以上に使いこなしていたのです。 この幼少期の経験がマイクロソフト設立に大きく関係していました。

学生時代

シアトルにある私立中学に入学するとコンピューターへの関心はさらに高まることになります。学校の近くにあった会社で最新コンピューターに触ることができたのです。 高校に進学する頃にはプログラムが組めるようになっており、コンピューターに関するアルバイトを始めます。 アルバイト先では仕事の傍らにハッキングを行っていました。それはコンピューターの使用量を誤魔化すためでしたが、結局会社にバレてクビになってしまいます。

マイクロソフト

1975年に高校時代の先輩であるポールアレンと共にマイクロソフトを設立します。当初はコンピュータープログラムを開発する小さな企業でした。 しかし現在でも多くの場面で使用されている「Office」開発後は一大コンピューター企業へと成長していきます。Windowsも世界的な広がりを見せ、OSシェアを独占しました。 その裏ではアップルとの訴訟問題や内部資料の流出事件が起きているため、マイクロソフトは紆余曲折を経て成功したと言えるでしょう。

財団

ビルゲイツは資産家としてだけではなく、慈善活動家としても知られています。彼はその豊富な資金力を使って「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を設立しました。 主な活動は世界中の貧困層に対する支援や、最新技術を使ったワクチン開発です。ただお金や物資を配るだけでなく、人類のための技術開発を行っているのです。 また全世界の植物の種を保存していることも有名です。ビルゲイツは近い将来地球温暖化による大量絶滅を危惧しています。

数々の名言を残す

(画像:Unsplash

数々の困難を乗り越え、着実に成功を収めてきたビルゲイツは多くの名言を残しています。言葉一つでも影響力は大きく、人生が180度変わってしまう人もいるでしょう。 ここでは彼の3つの言葉を紹介し、その意味を深掘りしていきます。

【関連記事】スティーブジョブズの名言についての記事はこちら

名言①

「なぜファーストクラスに乗らないかって、だってエコノミーでも到着する時間は同じだろ」 ビルゲイツは飛行機移動の際には絶対にエコノミークラスに搭乗します。その言葉通り如何に快適に過ごすかよりも、どれだけ早く移動できるかを重要視しているのです。 しかし逆に言えば時間を節約するためなら大金を使うのもためらいません。移動する際は僅かな距離でも自家用ヘリを使用し、少しの時間も無駄にしないよう動いています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる