\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

赤報隊事件は朝日新聞などが襲われたテロ事件。nhkでドラマ化もされた未解決事件の真相とは?

もくじ

1分でわかる赤報隊事件

赤報隊事件とは

  • 「赤報隊」と名乗る者が朝日新聞の襲撃や首相への脅迫を行った
  • 右翼的な思想を持つ人物による犯行であり、時効となった
  • 報道各社は言論の自由を主張した

「赤報隊事件」とは「赤報隊」を名乗る犯人が朝日新聞や内閣総理大臣などをターゲットに1987年から連続で発生させた7件のテロ事件であり、社会に大きな影響を与えました。 「朝日新聞阪神支局襲撃事件」では犠牲者が出ていますが、警察当局の必死の捜査にも関わらず2003年に全て公訴時効を迎え真相は闇の中に葬られたのです。

赤報隊事件の概要

(画像:Unsplash

「赤報隊事件」は1987年1月に朝日新聞東京本社に散弾銃が撃ち込まれたのを皮切りに、1990年5月に名古屋にある愛知韓国人会館が放火されるまで7件の犯罪が引き起こされました。 「赤報隊」を名乗る犯人グループは2003年に公訴時効を迎えたためその正体は不明です。より事件の本質に迫るため「赤報隊事件」の概要について解説します。

「赤報隊」を名乗る犯人が起こした

1987年1月~1990年5月までに発生した7件のテロ事件はいずれも「赤報隊」を名乗る犯人が引き起こしました。 「赤報隊」とは、江戸時代末期に討幕を目的と組織された官軍先鋒隊です。しかし、新政府からは偽官軍として壊滅に追い込まれており「官軍に見捨てられた悲劇の主人公」として語られています。 犯人は「赤報隊」を名乗ることで、自らの思想を正当化し、敵対するものを制圧するといった強い意志があったことは間違いありません。

朝日新聞への襲撃

事件当初「赤報隊」は朝日新聞に敵対心を剥き出しにしており、「赤報隊事件」7件中4件までが朝日新聞をターゲットとしたものでした。 とりわけ、1987年5月に発生した「朝日新聞阪神支局襲撃事件」においては、当直をしていた記者3人が散弾銃で襲われて1人が死亡、1人が重傷を負う大惨事となったのです。 また、この事件がマスコミに大きく取り上げられたことで「赤報隊」の名は全国に知れ渡るようになり、さまざまな評論家たちがその犯人像や思想的背景について議論するようになります。

]]>

1分でわかる赤報隊事件

  • 「赤報隊」と名乗る者が朝日新聞の襲撃や首相への脅迫を行った
  • 右翼的な思想を持つ人物による犯行であり、時効となった
  • 報道各社は言論の自由を主張した

「赤報隊事件」とは「赤報隊」を名乗る犯人が朝日新聞や内閣総理大臣などをターゲットに1987年から連続で発生させた7件のテロ事件であり、社会に大きな影響を与えました。 「朝日新聞阪神支局襲撃事件」では犠牲者が出ていますが、警察当局の必死の捜査にも関わらず2003年に全て公訴時効を迎え真相は闇の中に葬られたのです。

赤報隊事件の概要

「赤報隊事件」は1987年1月に朝日新聞東京本社に散弾銃が撃ち込まれたのを皮切りに、1990年5月に名古屋にある愛知韓国人会館が放火されるまで7件の犯罪が引き起こされました。 「赤報隊」を名乗る犯人グループは2003年に公訴時効を迎えたためその正体は不明です。より事件の本質に迫るため「赤報隊事件」の概要について解説します。

「赤報隊」を名乗る犯人が起こした

1987年1月~1990年5月までに発生した7件のテロ事件はいずれも「赤報隊」を名乗る犯人が引き起こしました。 「赤報隊」とは、江戸時代末期に討幕を目的と組織された官軍先鋒隊です。しかし、新政府からは偽官軍として壊滅に追い込まれており「官軍に見捨てられた悲劇の主人公」として語られています。 犯人は「赤報隊」を名乗ることで、自らの思想を正当化し、敵対するものを制圧するといった強い意志があったことは間違いありません。

朝日新聞への襲撃

事件当初「赤報隊」は朝日新聞に敵対心を剥き出しにしており、「赤報隊事件」7件中4件までが朝日新聞をターゲットとしたものでした。 とりわけ、1987年5月に発生した「朝日新聞阪神支局襲撃事件」においては、当直をしていた記者3人が散弾銃で襲われて1人が死亡、1人が重傷を負う大惨事となったのです。 また、この事件がマスコミに大きく取り上げられたことで「赤報隊」の名は全国に知れ渡るようになり、さまざまな評論家たちがその犯人像や思想的背景について議論するようになります。

事件のたびに犯行声明文が送りつけられた

「赤報隊」は犯行のたびに「犯行声明文」が送り付けてきました。その目的は敵対する者を制圧して自らが掲げる思想を広めることだと考えられます。 「犯行声明文」の内容は戦前の大日本帝国主義に心酔し、戦後日本の民主主義を完全否定するかのような内容でした。「反日分子」「反日マスコミ」など「反日」という言葉が頻繁使われていました。 そのため、捜査当局は右翼もしくは新右翼関係者を中心に犯人像を絞り込み、捜査にあたることとなるのです。

首相への脅迫もあった

「赤報隊」のターゲットは当時の首相である竹下登首相や中曽根康弘前首相にも及び、自宅や事務所に脅迫状が送られています。 当時、中曽根・竹下元首相は靖国神社への参拝中止や教科書問題における、中国・韓国の批判への対応を迫られており、両国の要求を飲まざるを得ない状況でした。 そのため、中曽根前首相には「国民を裏切った」、竹下首相には「靖国神社への参拝を強く求める」といった内容の脅迫状を送り付けたのです。

赤報隊事件は未解決のまま時効を迎えた

一連の「赤報隊事件」では、脅迫状や散弾銃、ピース缶爆弾など多くの物証のほか目撃者も多くいました。 さらに、脅迫状の内容などから犯人は右翼もしくは新右翼であることが想定され、最終的には10人程度に容疑者が絞り込まれました。しかし、特定するには至らなかったのです。 その結果、2003年には未解決のまま全ての「赤報隊事件」が公訴時効を迎えています。これに対して法制審議会では、社会に大きな影響を及ぼした事件に時効を適用するのはおかしいといった論議もなされています。

【関連記事】昭和に起きた未解決事件についてはこちら!

赤報隊事件の犯人と動機

「赤報隊事件」の犯人像については、犯行声明文の内容などから右翼もしくはその周辺にいる人物だというのが定説となっています。しかし、矛盾点も多く右翼だと決めつけるのはリスクが大き過ぎます。 そのため、多くの専門家などが「赤報隊事件」の犯人像について分析しています。続いてはさまざまな犯人説や動機について解説します。

犯人にはさまざまな説がある

「赤報隊事件」の犯人については、右翼説が根強いものの学識者や専門家がさまざまな分析・見解を示しています。 政治活動家の鈴木邦夫氏や一部の捜査関係者は、実力行使も辞さないといった右翼思想を持ちつつ周囲には公言しない「潜在右翼」説を唱えました。 その他にも右翼的な思想を強く持つ「元自衛官」説、犯行声明文にある「都内」「関西」とする表現や東京新聞をターゲットに選んだことから「都内を拠点とする右翼」説を強く推す評論家も少なくありません。

動機は朝日新聞の報道が関係している

「赤報隊」は朝日新聞を執拗にターゲットとしたことから、その報道姿勢や記事に大きな反感・激しい敵意を持っていることは間違いありません。 とりわけ、朝日新聞は「靖国参拝」「教科書問題」については、日本政府を厳しく糾弾したほか「国家秘密法」にも痛烈な批判を浴びせ廃案に追い込んでいます。 こうした朝日新聞の姿勢が犯人を刺激したことは、犯行声明における「反日朝日は五十年前にかえれ」といった一節からも間違いありません。

自作自演だとする説もある

「赤報隊事件」を自作自演だとする説もあります。というのも、「赤報隊」を名乗る犯人が引き起こした事件のうち、犠牲者が出たのは「朝日新聞阪神支局襲撃事件」だけです。 さらに、警察が朝日新聞に対して、取材対象者に関する資料提供を求めたところ拒否されたという経緯もあります。 つまり、朝日新聞が自作自演のテロ事件を引き起こし、それでも論調を変えないことで「テロにも屈さない新聞社」であることを世間にアピールしたかったのではないかと指摘もあります。

赤報隊事件が与えた影響

「赤報隊事件」は言論の自由を訴える新聞社が襲撃されただけでなく、犯人グループの主張は戦後日本の民主主義を全面的に否定するものであったことから日本国民は大きなショックを受けます。 とりわけ、朝日新聞はテロ組織と対峙せざるを得なくなり、その動向に注目が集まりました。そこで、「赤報隊事件」が人々に与えた影響について解説します。

赤報隊を名乗る事件は後を絶たない

「赤報隊事件」が世間に広く知れ渡るにつれて「赤報隊」を名乗る愉快犯・模倣犯が相次ぎ、警察当局は振り回されました。 事件直後には、朝日新聞の支局などには「記者がまた殺される」「爆弾を仕掛けた」といった脅迫電話が相次ぎ、窓ガラスが割られたりゴミ箱が放火される事件が起きています。 2009年にはNHK関連施設数か所に「赤報隊」の名義で実弾が送付されたほか、2011年には当時の菅直人首相に対して何者かが「赤報隊一同」として脅迫文と刃物が送付する事件が発生しました。

報道は言論の自由へのテロと対峙

朝日新聞をはじめとする報道各社は、「赤報隊」の暴挙に対して、言論の自由を掲げて対峙することとなったのです。 朝日新聞労働組合は1988年5月3日に阪神支局襲撃事件を追悼する集会を開きました。さらに翌年度からは「言論の自由を考える5・3集会」を開き、言論の自由や報道の自由を考える場としています。 また、朝日新聞阪神支局3階には事件が風化しないよう、言論の自由を弾圧しようとしたテロ事件などに関する資料を集めた「朝日新聞襲撃事件資料室」が設置されました。

赤報隊事件の書籍化・ドラマ化

「赤報隊事件」は非常に衝撃的な事件であり、社会に与えた影響も計り知れないことから、レギュラーの報道番組はもちろん数多くの特別番組が制作され、犯人像に迫る試みがなされました。 とりわけ、小説や映像については、赤報隊事件をリアルに伝えるには最適な媒体です。赤報隊事件の書籍化、ドラマ化について説明します。

事件内容が書籍化された

事件内容が書籍化されたもので秀逸なのが、生前の被害者を知る殿岡駿星氏の著書「新聞記者はなぜ殺されたのか」です。 この作品は、敢えて「朝日新聞阪神支社襲撃事件」をモデルとした小説にすることで、「犯人は右翼である」といった固定概念を捨て客観的に事件の本質を見据えることができます。 樋田毅氏の「記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実」は、著者の丁寧な取材により、これまで公にされてこなかった真実が描かれた作品に仕上がっています。

NHKがドラマ制作して情報提供を図った

「赤報隊事件」が発生して30年目の節目にNHKで制作されたのが「NHKスペシャル未解決事件 赤報隊事件」です。 この作品は2夜連続で放送され第一夜はドラマ、第二夜はドキュメンタリーとなっており、両方を見比べることで事件の本質に迫る内容となっています。 また、この番組の制作にあたっては、視聴者に事件に関する情報提供を呼び掛けるといった画期的な試みなされており、制作側の「真実を解明する」といった意気込みが感じられる作品です。

まとめ

「赤報隊事件」が発生して30年以上が経過しましたが、未だに真相は解明されないままであり、犯人の真の主張や動機も闇の中です。 人にはさまざまな考え方や思想があり、憲法では「言論の自由」が保障されています。しかし、「赤報隊事件」のように「言論の自由」を暴力によって制圧しようとする行為は絶対に許されるものではありません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる