\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

天六ガス爆発事故の原因とは?大量の死者・負傷者を出した類を見ない大惨事に迫る。

もくじ

1分でわかる天六ガス爆発事故

1分でわかる天六ガス爆発事故

  • 1970年4月8日に大阪市で発生
  • 死者79名・重軽傷者420名の大惨事
  • 地下にあったガス管損傷が事故原因

天六ガス爆発事故の概要

(画像:Unsplash

「天六ガス爆発事故」は1970年4月8日に大阪市で発生した人災事故です。この事故で79名が死亡、重軽傷を負った人々は420名にも上り、戦後日本で発生したガス爆発事故としては最大級のものとなりました。 天六ガス爆発事故の概要について解説します。

1970年に大阪で起きたガス爆発事故

天六ガス爆発事故は1970年4月8日夕刻に大阪市北区で発生しています。事故現場は谷町線天神橋筋六丁目駅付近です。 当時大阪市では大阪万博を機に交通網の整備が急ピッチで行われていました。とりわけ地下鉄線路の整備・拡大は、中馬馨大阪市長の肝いりで進めていました。 その結果5年間で6線路33kmもの地下鉄線路が整備を終えていました。したがって事故現場は、周辺地域への線路延長工事を行っていた工事現場だったのです。

死者79名、負傷者420名を出す大惨事

天六ガス爆発事故は死者79名、負傷者420名にも上る大惨事となりました。また、その大半が爆風で吹き飛ばされたことによる全身打撲です。 事故直後の現場では炎に包まれる中クレーン車で遺体が運ばれるなど、凄惨な光景が広がりました。なお、負傷者は大阪市北区にある北野病院のほか市内にある25箇所の病院に収容され手当てがなされたのです。 また家屋の被害も甚大であり、半焼26戸、損壊336戸に加え、爆風による比較的軽微な被害は1,000戸を超えました。

天六ガス爆発事故の原因

(画像:Unsplash

「天六ガス爆発事故」は甚大な被害を出した類を見ない大惨事となりました。そのため事故原因の究明や責任の所在を明確にするためには、長い時間が必要だったのです。 そこで、「天六ガス爆発事故」を大惨事へと導いた事故原因について解説します。

セルモーターを回した際に発生した火花がガスに引火

天六ガス爆発事故の発端は地下にあるガス管からガス漏れが発生したことによって、地下に充満したガスが舗工板の隙間から地上に流れ出たことです。 付近を偶然に通りかかっていた処理車が異変の気付いて現場に急行しましたが、途中でエンストしてしまいます。慌てた作業員がセルモーターを回したところ火花が飛び散り、これにガスが引火して処理車が炎上しました。 この処理車は舗工板の上に停車していたため、地下に充満していたガスに引火して大爆発を引き起こしてしまったのです。

野次馬やガス職員などたくさんの人が集まっていた

天六ガス爆発事故が発生した谷町線天神橋筋六丁目駅付近は、普段から非常に人通りの多い地域です。また、事故当時は広範囲にわたって舗工板が敷き詰められていました。 人々がガス漏れに気づいたのは、通勤通学などで人通りの多くなる17時頃です。そのため処理車が炎上する17時39分頃には、多くの野次馬やガス職員が現場付近に集まっていました。 加えて処理車が大爆発を引き起こしたのが、炎上からわずか6分後の17時45分であったため、人々は逃げる間もなく舗工板とともに吹き飛ばされたのです。

天六ガス爆発事故の裁判

(画像:Unsplash

「天六ガス爆発事故」の発生後、大阪府警は事故原因の究明を大学教授に要請します。その結果、大阪市交通局、鉄道建設及び大阪瓦斯の従業員が逮捕・起訴されました。 そこで、「天六ガス爆発事故」における裁判の争点や判決について解説します。

]]>

1分でわかる天六ガス爆発事故

  • 1970年4月8日に大阪市で発生
  • 死者79名・重軽傷者420名の大惨事
  • 地下にあったガス管損傷が事故原因

天六ガス爆発事故の概要

「天六ガス爆発事故」は1970年4月8日に大阪市で発生した人災事故です。この事故で79名が死亡、重軽傷を負った人々は420名にも上り、戦後日本で発生したガス爆発事故としては最大級のものとなりました。 天六ガス爆発事故の概要について解説します。

1970年に大阪で起きたガス爆発事故

天六ガス爆発事故は1970年4月8日夕刻に大阪市北区で発生しています。事故現場は谷町線天神橋筋六丁目駅付近です。 当時大阪市では大阪万博を機に交通網の整備が急ピッチで行われていました。とりわけ地下鉄線路の整備・拡大は、中馬馨大阪市長の肝いりで進めていました。 その結果5年間で6線路33kmもの地下鉄線路が整備を終えていました。したがって事故現場は、周辺地域への線路延長工事を行っていた工事現場だったのです。

死者79名、負傷者420名を出す大惨事

天六ガス爆発事故は死者79名、負傷者420名にも上る大惨事となりました。また、その大半が爆風で吹き飛ばされたことによる全身打撲です。 事故直後の現場では炎に包まれる中クレーン車で遺体が運ばれるなど、凄惨な光景が広がりました。なお、負傷者は大阪市北区にある北野病院のほか市内にある25箇所の病院に収容され手当てがなされたのです。 また家屋の被害も甚大であり、半焼26戸、損壊336戸に加え、爆風による比較的軽微な被害は1,000戸を超えました。

天六ガス爆発事故の原因

「天六ガス爆発事故」は甚大な被害を出した類を見ない大惨事となりました。そのため事故原因の究明や責任の所在を明確にするためには、長い時間が必要だったのです。 そこで、「天六ガス爆発事故」を大惨事へと導いた事故原因について解説します。

セルモーターを回した際に発生した火花がガスに引火

天六ガス爆発事故の発端は地下にあるガス管からガス漏れが発生したことによって、地下に充満したガスが舗工板の隙間から地上に流れ出たことです。 付近を偶然に通りかかっていた処理車が異変の気付いて現場に急行しましたが、途中でエンストしてしまいます。慌てた作業員がセルモーターを回したところ火花が飛び散り、これにガスが引火して処理車が炎上しました。 この処理車は舗工板の上に停車していたため、地下に充満していたガスに引火して大爆発を引き起こしてしまったのです。

野次馬やガス職員などたくさんの人が集まっていた

天六ガス爆発事故が発生した谷町線天神橋筋六丁目駅付近は、普段から非常に人通りの多い地域です。また、事故当時は広範囲にわたって舗工板が敷き詰められていました。 人々がガス漏れに気づいたのは、通勤通学などで人通りの多くなる17時頃です。そのため処理車が炎上する17時39分頃には、多くの野次馬やガス職員が現場付近に集まっていました。 加えて処理車が大爆発を引き起こしたのが、炎上からわずか6分後の17時45分であったため、人々は逃げる間もなく舗工板とともに吹き飛ばされたのです。

天六ガス爆発事故の裁判

「天六ガス爆発事故」の発生後、大阪府警は事故原因の究明を大学教授に要請します。その結果、大阪市交通局、鉄道建設及び大阪瓦斯の従業員が逮捕・起訴されました。 そこで、「天六ガス爆発事故」における裁判の争点や判決について解説します。

責任問題が裁判の争点に

大阪府警が天六ガス爆発事故の原因究明を阪大工学部の伊藤富雄教授に依頼しました。その結果、事故原因はガス管の埋め方や工事におけるミスが重なった人災だったのです。 大阪府警は施工監督の大阪市交通局、工事を請け負った鉄道建設及びガス管を管理していた大阪瓦斯に対して強制捜査を行い、業務上過失致死傷容疑で11人を逮捕・起訴しました。 事故直後から三者とも社会的・道義的な責任は認めていたものの、直接責任については認めていなかったため責任問題が裁判の争点となったのです。

鉄道建設従業員と大阪市交通局従業員に執行猶予付きの判決

裁判において大阪市交通局と鉄道建設は大阪瓦斯の管理責任を主張しました。これに対して大阪瓦斯は管理責任は大阪市交通局にあり、ガス管の不備については鉄道建設に対策を要請したと主張したのです。 結局、裁判は長期化を余儀なくされ判決は、事故から15年が経過した1985年に大阪地裁で言い渡されます。 判決によると鉄道建設従業員5人及び大阪市交通局従業員3人について執行猶予の有罪、大阪瓦斯従業員、鉄道建設従業員の各1名は無罪でした。また、残る大阪瓦斯従業員1名は公判中に死亡しています。

天六ガス爆発事故のその後や影響

「天六ガス爆発事故」の後、大坂市議会は犠牲者や損壊した家屋に対する補償を迅速に進めるなどの対策に追われることになりました。 そこで、「天六ガス爆発事故」がもたらした影響やその後の対策について説明します。

ガス事業法の整理

天六ガス爆発事故の原因は地下にあったガス管がしっかりと防護されていなかったことにあります。もちろん大阪瓦斯もガス管のメンテナンスには注意を払っていましたが、明確な基準がなかったことも事実です。 そこで、ガス事業法の整理がなされ「掘削により周囲が露出することとなった導管の防護」(ガス事業法省令77条・78条)が制定されました。 この省令によって工事などでガス管が露出した場合の安全確認の方法をはじめ、緊急時のガス遮断措置などが詳細に定められたのです。

国分寺公園に慰霊碑

天六ガス爆発事故が発生して30年以上が経過し事故現場付近には高層ビルが立ち並び、当時の面影もなく事故があったことを知る人も少なくなりました。 しかし天神橋筋商店街の外れに位置する国分寺公園には犠牲者を悼しむ慰霊碑が建立されており、この場所で大惨事が起きたことを伝えています。 また、この地域では4月8日に「花まつり」が開催されますが、そのたびに天六ガス爆発事故で亡くなった人々を思い起こす人も大勢いるのです。

安全最優先の対策

天六ガス爆発事故はいくつかの偶然が重なって大惨事となりましたが、しっかりとした対策を講じていれば事故を未然に防ぐことができたはずです。 二度とこのような大惨事を起こさないためにも、この事故を教訓にして安全最優先の対策を講じ続けていくことが重要です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる