\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

SOS遭難事件は謎多き遭難事故。カセットテープや倒木で作られたSOSサインの謎に迫る。

もくじ

1分でわかるSOS遭難事件

  • 1989年に遭難者の捜索でSOSサインが発見された
  • まもなく白骨遺体が発見されたが不可解な点が多かった
  • 遺留品の録音テープの内容や倒木で作ったSOSの謎

SOS遭難事件の概要

1989年7月24日、大雪山系の黒岳から旭岳に向かう途中で、男性登山家2名が行方不明になりました。北海道警は2名を保護しましたが、それと前後してSOSサインを発見しました。北海道警は別の遭難者の可能性を考えて、捜索を続行したところ、SOS遭難事件の白骨遺体が発見されたのです。

大雪山で倒木で作られたSOSが発見

7月24日午後、遭難した登山家2名を捜索していた北海道警のヘリコプターは、旭岳の忠別川源流で不自然な倒木を発見しました。 シラカバの倒木がSOSの文字に見立てて組まれており、人の手で作られたのは明らかでした。 SOSの文字は複数の倒木を組み合わせており、文字の一辺は5メートルにも達していたとのことです。上空からの視認性は高く、1989年に北海道警が発見する数年前にも、空中写真で撮影された記録が残っていました。

遭難者を救出するもSOSを出した本人ではない

北海道警は当初、SOSサインを登山家2名が作ったものと考えました。ヘリコプターが付近を捜索した結果、数キロ北で無事に登山家2名を救助することに成功しています。 しかし救出された登山家2名がSOSサインについて、自分達が作ったものではないと話したことから、事態は一変しました。 北海道警は別の遭難者の可能性があると見て、捜索を続行しました。

白骨化遺体とカセットテープが発見された

捜索作業を続けた北海道県警は、翌日の25日に白骨化した遺体を発見しました。 遺体には動物のものによる噛みつき痕が残されており、遭難前後に大怪我を負っていたことがわかりました。 また白骨遺体の周辺では、携帯型テープレコーダーが発見されています。レコーダーにはカセットテープがセットされており、若い男性が助けを呼ぶ声が録音されていました。

発見されたのは愛知県在住の男性

白骨遺体はのちの捜査で、愛知県在住の25歳男性だったことが判明しています。男性は事件発覚から5年前、1984年7月に行方不明になっていました。 男性は登山目的で北海道に旅行していました。男性は宿泊先にチェックイン後、従業員へハイキングに出かけると言い残し、荷物を置いて姿を消したそうです。 宿泊先の通報で捜索が行われましたが、当時は発見されませんでした。

SOS遭難事件の不可解な点

SOS遭難事件の被害者は特定されましたが、事件には謎がいくつかあります。たとえば遺留品のカセットテープの内容が不可解なこと、重傷で遭難した人間が倒木でSOSサインを作れたのかといった点です。遺体鑑定で誤認も起こり、捜査は難航しました。

カセットテープの録音内容の謎

白骨遺体のそばに残されていたカセットテープには、若い男性の声で救援を呼ぶ声が録音されていました。「SOS」や「助けてくれ」のような絶叫が、誰かに話しかけるような口調で、2分以上の長さで収録されていました。 このカセットテープで不可解なのは、白骨遺体が発見された場所とカセットテープの内容に食い違いが生じている点です。カセットテープでは崖の上で身動きが取れないと言っているにもかかわらず、実際に白骨遺体が発見されたのは崖ではなく湿原だったのです。 SOSの絶叫については、大きな肉声を長時間出し続けると体力を消耗するので、テープに録音して捜索の気配を感じた時に合図に使おうとした可能性があります。しかし場所の食い違いに関しては今もって不明で、大きな謎のままです。

倒木でSOSを作る難易度の高さ

北海道警が発見した倒木のSOSは、上空から確認できるほど大きなサインでした。文字の一部はシラカバの倒木が3本以上積み重ねられており、一辺5メートルのSOS製作にはかなりの時間と労働量が必要だったのは間違いありません。 白骨遺体はただ遭難しただけではなく、怪我を負っていました。遺体に残された噛みつき痕や、カセットテープの内容から考えて、身動きできる状態ではなかったはずです。 一番の疑問点は、もし白骨遺体がSOSサインを作れるほど体力があったのなら、なぜ自力で下山を試みなかったのかという部分です。白骨遺体がなぜSOSを作ったのか、本当に彼が作ったのかは今も謎です。

男女で登山していた可能性

北海道警に発見された白骨遺体は、旭川医科大学に運ばれて遺体鑑定にかけられました。そこで白骨遺体が血液型O型の女性との結果が出たため、当初捜査が混乱しました。 北海道警はカセットテープの音声が男性だったことから、白骨遺体の女性と2人で登山し、遭難した可能性が高いと考えたのです。 しかし事件発覚から4日後、再度白骨遺体の鑑定が行われた結果、O型の女性の結果は誤認だったと判明しました。実際にはA型男性の遺体で、4年前に行方不明になった愛知県在住男性と特定されたことから、男女2人が遭難していた可能性はなくなりました。

SOS遭難事件の自殺や他殺の可能性

SOS遭難事件は白骨遺体の身元も特定され、不明な点はあるものの単なる遭難事件として処理されました。しかし当時の一部メディアや、現在でもSOS遭難事件を調査する人の中には、事件性を指摘する声があります。そこで考えられたのが以下の説です。 ・自ら謎を残して命を絶ったという自殺説 ・第三者が殺人を隠蔽しようとした他殺説 自殺説にせよ他殺説にせよ、SOS遭難事件の謎をすべて解決しているわけではありません。どちらもあくまで仮説であり、推測の域を出ないのが実情です。

SOS遭難事件の類似事件

SOS遭難事件とよく似た例は、世界各地で起こっています。特に日本で有名なのは、トムラウシ山遭難事故と福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件でしょう。いずれも北海道で発生した悲惨な遭難事件として知られています。

トムラウシ山遭難事故

トムラウシ山遭難事故は2009年に発生しました。15名中8名が死亡するなど、近年の遭難事故としては最悪の事故です。事故に遭ったのは登山ツアー参加者とツアーガイドです。7月13日から5日間かけて、夏の大雪山系を縦断する計画でした。 7月16日、ツアー開始から4日目に事故が発生しました。悪天候にもかかわらず出発を強行した結果、低体温症が続出し、ツアー一行はバラバラに別れて遭難してしまいました。 ツアー客の一部は自力で下山し、遭難した者も何人かは救助されましたが、のちに死亡した者も多いです。参加者は登山歴10年以上のベテランが多かったため、このような重大事故に発展したのは不可解でした。結果としてはツアー側の判断ミスだったとわかっています。

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件

事件は1970年に発生しました。ワンダーフォーゲル部部員がヒグマに襲われ、3名も犠牲になったのです。 日高山脈を北上する予定だったワンダーフォーゲル部5名は、7月12日に入山し、25日にヒグマと出くわしました。一旦は追い払えたものの、その後執拗にヒグマに追いかけられ、5名はテントや装備を奪われてしまいます。 最終的に2名は自力で下山できましたが、3名はヒグマの餌食となりました。亡くなった1人は死の直前までメモを残しており、生々しい事件の様子が今でも伝わっています。事件が起きた一番の要因は、ワンダーフォーゲル部がヒグマの習性を知らず、甘く見てしまったことです。 どれだけ登山経験が豊富だったとしても、山で不測の事態が起きた場合には、すぐに撤退を決意するのが大事です。山を愛するならば、それと同じくらい山を恐れなければいけません。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる