\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

日本航空123便墜落事故の原因・陰謀・生存者の今とは?御巣鷹山で起きた悲惨な墜落事故を考察。

もくじ

1分でわかる日本航空123便墜落事故

  • 羽田発大阪行きの日本航空123便が御巣鷹山に墜落
  • 墜落の原因は整備不良だが様々な陰謀説もある
  • 有名人も含む520人が死亡し生存者はたったの4名

日本航空123便墜落事故の事件の概要

毎年8月12日になるとテレビや新聞で「御巣鷹山(おすたかやま)」という言葉を多く見聞きします。これは1985年8月12日に日本航空ジャンボ機123便が御巣鷹山の尾根に墜落するという事故が起きたからです。 そこで今回は日本航空ジャンボ機123便墜落事故の原因や状況、まことしやかに流れた噂などについてお話しします。

日本航空123便は羽田発大阪行きの飛行機

1985年8月12日に運航した日本航空123便は18時に羽田空港から伊丹空港に向けて出発し、18時56分に到着予定でした。 日本航空123便はその日羽田ー千歳間を1往復、羽田ー福岡間を1往復しており事故が起こったのは5回目のフライトでした。伊丹から羽田に折り返し運航する予定だったことから復路分の燃料を搭載していたことがわかっています。

機体はボーイング747SR-46

事故当日はボーイング747SR-46型機が日本航空123便として使用されていました。この機体は1979年1月に製造されたもので墜落事故以前の1985年にも事故を起こしています。 それは「日本航空115便しりもち事故」と呼ばれるもので1978年6月2日に羽田から伊丹に向かう日本航空115便として使用された際、着陸において滑走路に機体の尾部を接触させました。死者こそ出なかったものの負傷者が25名出ました。

被害者と生存者

日本航空123便には524名の乗員乗客が乗っていました。千葉県愛宕山に配置されていた航空自衛隊中部航空警戒管制団は、18時28分に同機の緊急事態を受信します。その事実は直ちに報告され中部航空方面隊や東京航空局東京対策事務所が避難調整所を設置し、防衛庁・警察庁・消防庁・海上保安庁に通報のうえで捜索開始が決定します。 やがて陸上からの捜索は群馬県警・埼玉県警・長野県警の合同で始められました。しかし搭乗者の520名が死亡、生存者はわずか4名でした。

日本航空123便墜落事故の原因は圧力隔壁の故障

1987年6月に日本航空123便の事故調査報告書を運輸省事故調査委員会が公表しました。その報告書に記載された墜落原因は「機体の後部圧力隔壁が破損し、そこから一気に客室内の空気が流れだしたことによる機体尾部と垂直尾翼の破壊」でした。 後部圧力隔壁の破損は金属疲労が原因の亀裂によって起こりました。そして金属疲労は1978年にあった日本航空115便のしりもち事故の後、修理を担当したボーイング社がミスをしたことだとわかっています。

【関連記事】日本航空の事故に関してはこちら

日本航空123便墜落事故の真相と噂される陰謀説

日本航空123便の墜落事故の救助活動は始まったのは事故翌日の午前8時30分でした。そのため救助活動の遅れが指摘されています。事故直後に在日米軍が墜落現場を発見したにも関わらず、救助活動の中止を命じられたという証言もあるほどです。 そのせいか事故報告書が公表された後も陰謀説が噂されています。次からはその内容について紹介します。

核爆弾を積んでいた

日本航空123便墜落事故は陰謀だったという複数の説がまことしやかに流れました。その1つに「核兵器を積んでいた」という陰謀説があります。 これは実は国民が知らないだけで日本は核兵器のを保有しているという噂に連動しています。日本航空123便はその核弾頭の輸送を担当しており証拠隠滅のために撃ち落されたという説です。 当時の首相だった中曽根康弘氏に対しプラザ合意を迫っていたアメリカをはじめ、日本とソ連も加担していたとされています。

オレンジエアによる狙撃

2017年8月12日羽田空港を18時に出発した全日本航空37便が運航中、気圧システムに異常が発生し引き返して緊急着陸するという出来事がありました。これをきっかけに噂されるようになったのが「日本航空123便はオレンジエアが衝突したことで墜落した」という説です。 オレンジエアとは自衛隊が使用している無人標的機の俗称です。これが日本航空123便の垂直尾翼にぶつかったことが原因ではないかと考えられているようです。

森永事件の証拠隠滅

日本航空123便墜落事故・陰謀説の中には「グリコ・森永事件の証拠隠滅のため」という説もあります。 グリコ・森永事件とは店頭の商品に毒物を入れることで「かい人21面相」と名乗る犯人が2社を脅迫した事件を指し、犯人はいまだに捕まっていません。 しかし日本航空123便墜落事故の後、このかい人21面相が突然「もう許したる」という声明を発表しました。実際にその後被害は起こっていません。そのため日本航空123便墜落事故と関連があるという噂につながったようです。

自衛隊員の射殺

日本航空123便が核弾頭を積んでいたから撃墜されたという陰謀説を紹介した際、墜落直後に救助活動を中止する命令が出ていたことに触れました。実はその当日NHKの速報は「待機命令を無視して救助しようとした自衛隊員数名がが銃撃された」と伝えています。その情報は長野県警によるものでした。 この日国家機密を守るべく編成された特殊部隊が本当は生きていた乗客乗員を、毒ガスや火炎放射器で殺したという噂も流れています。

日本航空123便墜落事故に遭った有名人

事項当日多くの有名人が日本航空123便に搭乗していました。歌手や女優といった芸能人をはじめ、有名企業の経営者や大学教授・元野球選手・元自転車競技選手・漫画家・美容研究家なども犠牲になっています。 ここでは鬼籍に入っている一部の有名人を紹介します。

坂本九

日本航空123便墜落事故で亡くなった有名人の中で、最も深く記憶に刻まれている人といえば「坂本九」さんでしょう。 1961年にヒットした「上を向いて歩こう」を1963年「SUKIYAKI」とタイトルを変えてアメリカで発売しました。ヒットチャート誌「Billboard Hot 100」で3週連続1位という快挙を成し遂げた歌手でした。 大阪で選挙に出馬する元マネージャーの応援のために大阪に向かおうとして事故に巻き込まれました。

北原遥子

日本航空123便墜落事故では元宝塚歌劇団雪組で娘役を務め、その後女優として活躍した「北原遥子」さんも亡くなっています。 北原さんは1981年に宝塚歌劇団に入団し当初は花組の男役として舞台に立ちます。同年雪組に配属されることをきっかけに娘役に転向し1984年に退団しました。その後は芸能事務所に所属しドラマやCMで活躍していました。 事故当日は大阪の友人に会うために同機に搭乗していました。

中楚肇

日本航空123便墜落事故では複数の企業経営者が亡くなっていますが、中でも阪神タイガース球団社長である「中楚肇」さんは特に有名でした。中楚さんは阪神電気鉄道専務取締役鉄道事業本部長も兼任されていました。 中楚さんは阪神タイガース球団オーナーの久万俊二郎さんに代わって、運輸省で行われた日本民営鉄道協会の会議に出席しました。その帰路につく際に事故に巻き込まれています。当初は全日本航空35便に搭乗予定だったにも関わらず急遽事故機に変更したそうです。

日本航空123便墜落事故を免れた有名人

日本航空123便に搭乗するはずだった有名人の中には予定を変更したことで難を逃れた人もいます。誰もが知る数人のタレントがテレビやラジオを通じてその事実を公表しました。 ここでは日本航空123便に搭乗することなく墜落事故から逃れた一部の有名人とその理由についてお話しします。

さんま

日本航空123便に搭乗せずに難を逃れた最も有名な芸能人といえばやはり「明石家さんま」さんでしょう。 明石家さんまさんはその日東京で「オレたちひょうきん族」の収録を終え、同便に搭乗し大阪で行われる「MBSヤングタウン」の収録に参加する予定でした。しかし予定より早く「オレたちひょうきん族」の収録が終わり同便より早い便に振り替えたことで搭乗を回避できました。

稲川淳二

怪談の語り部として名高い「稲川淳二」さんも日本航空123便への搭乗を回避した1人で自身のビデオでもそのエピソードを紹介しています。 その日稲川さんは東京で健康番組を収録した後同便で大阪入りする予定になっていました。しかし番組収録中から立っているのが辛いほどの体調不良に見舞われ大阪入りを翌日に延期したといいます。その決断により事故を回避することができました。

麻実れい

元宝塚歌劇団雪組のトップスターであり女優として活躍する「麻見れい」さんも日本航空123便への搭乗を回避しています。 麻見れいさんは1970年に宝塚歌劇団に入団し星組・雪組を経て男役トップスターに就任しました。1984年の退団まで様々な舞台に出演しています。 麻見さんはこの日同便に搭乗するために車で羽田空港に向かっていました。しかし仕事が早く終わったことから早い便に振り替え搭乗を回避できたそうです。

日本航空123便墜落事故の生存者とその後

日本航空123便墜落事故の生存者はわずかでした。当時12歳だった川上慶子さんをはじめ吉崎博子さん(当時34歳)・美紀子さん(当時8歳)親子、日本航空のアシスタントパーサーで当日は私用で搭乗していた落合由美さん(当時26歳)の4名です。 吉崎さん親子は都内在住、落合さんは日本航空を定年まで勤めあげ現在は大阪で生活されているそうです。 ヘリコプターで救出される様子を中継されて有名になった川上さんは事故後は島根県で祖母と兄と生活をしました。その後看護師となり1995年に起こった阪神淡路大震災で活躍されます。趣味のスキューバダイビングを行うために訪れたアメリカで現在の夫と出会い国際結婚されました。

日本航空123便墜落事故の機長とその娘

日本航空123便墜落事故の後、見つかったボイスレコーダーの一部のみが公開されました。それを受け一部のマスコミが何の根拠もなく操縦ミス説を報道しました。その結果、機長の遺族は長年にわたって嫌がらせや謝罪の強要を受け続けたと言われています。 ここでは高濱雅己機長とその娘さんについてお話しします。

機長は高濱さん

日本航空123便の機長を務めていたのは「高濱雅己」さんです。海上自衛隊出身で東亜国内航空(その後の日本エアシステム)を経て1966年に日本航空に入社しました。 その日の123便が高濱機長にとって日本航空での初フライトでした。機長昇格訓練生だった副操縦士の佐々木祐さんの運行部門指導教官として、副操縦士席で指導や無線交信を担当していたといいます。 トラブル発生から30分にわたって操縦不能になった機体を立て直そうと懸命な努力を重ねます。しかしその真実が明らかになったのは2000年にボイスレコーダーの音声が公開された後でした。

高濱さんの娘は現在日本航空のCAとして活躍

日本航空123便で機長を務めた高濱雅己さんには、「洋子」さんという娘さんがいます。2000年にボイスレコーダーの音声が公開されるまでマスコミの操縦ミス報道の影響で嫌がらせを受けていました。 しかし洋子さんはその後日本航空に入社をしてキャビンアテンダントとして働き始めます。洋子さんを支えているのは父が最後まで諦めずに努力した状況が記録されたボイスレコーダーの音声だそうです。

事件後の日航の対応

日本航空123便墜落事故の後、同社は多くの社員を現地に向かわせ遺族に寄り添います。しかしそれを好意的に受け止める遺族ばかりではありませんでした。 その後事故の原因がボーイング社による機体の修理ミスであることが明らかになりますが、遺族への補償は日本航空がすべて行っています。

まとめ

日本航空123便墜落事故の原因や陰謀説などについてお話ししてきましたが、理解していただけましたでしょうか。 犠牲になった方とその遺族、生存者の方々にとっても筆舌に尽くしがたい出来事でした。また操縦クルーの遺族の方々は事実無根の報道で辛い思いをなさっています。こうした事故をくり返さないよう航空各社には安全管理の徹底を行うよう、切に願います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる