\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

三菱重工爆破事件は東アジア反日武装戦線による企業テロ。大道寺あや子も加担した犯行の動機とは?

もくじ

1分でわかる三菱重工爆破事件

  • 帝国主義を支援する企業を狙った戦後最大の爆破テロ事件
  • 犯行グループは「東アジア反日武装戦線」
  • 死者は8名、怪我人は376名

 

三菱重工爆破事件の概要

「三菱重工爆破事件」は日本の高度成長末期に発生した当時戦後最大の爆破テロ事件で、日本全体に大変大きなショックをあたえました。 まずは「三菱重工爆破事件」とはどのような事件だったのか、事件の経緯や被害などの概要をおさらいしましょう。 三菱重工爆破事件は連続企業爆破事件の1つです。

戦後最大の爆発テロ

「三菱重工爆破事件」は1974年8月東京丸の内ビル街のど真ん中にある三菱重工本社ビルで起こりました。実行したのは「狼」と名乗る「東アジア反日武装戦線」のメンバー4人です。 一階出入り口のフラワーポットに仕掛けられた爆弾の爆発によって、三菱重工と何の関係もない通行人を含む死者8名、負傷者376人という被害者を出した戦後日本の最悪な爆破テロ事件です。 このような大規模な被害になったのは、ビル街という特殊事情に加えて社内の連絡体制の不備があったと指摘されています。

三菱重工のビルに時限爆弾を設置し破壊した

犯行グループは三菱重工本社ビルと通りの向かい側にある三菱電機ビルの両方を一度に破壊しようとして、三菱重工本社ビル一階入り口付近に時限爆薬を仕掛けました。 犯行グループは爆破8分前に予告電話をかけましたが、いたずら電話と受け取られました。その後複数回の予告電話がありましたが避難措置はとられず甚大な被害になりました。 爆破に使われた爆薬は列車爆破用の非常に強力な爆薬が転用されたもので、爆心には直径30センチメートル、深さ10センチメートルの穴があいていました。

三菱重工爆破事件の犯人と犯行の動機

犯人達はなぜこのような事件を起こしたのでしょうか。なぜ爆破の対象が三菱重工だったのでしょうか。そこには偏ったイデオロギー的な背景がありました。 ここでは犯行グループである「東アジア反日武装戦線」の思想的背景や事件を起こした動機などとともに、その犯行声明文の内容も見ていきましょう。

三菱重工爆破事件の犯人は左翼の「東アジア反日武装戦線“狼”」

前述のように「三菱重工爆破事件」の犯行グループは「東アジア反日武装戦線」のメンバーでした。 「東アジア反日武装戦線」は1970年代に爆弾闘争を起こしたことがある左翼系の武装集団です。いわゆるテロリスト集団で、一部のメンバーは日本赤軍に合流しました。 1972年12月に「東アジア反日武装戦線」として誕生しましたが、自分たちは別格扱いで「狼」と称しました。

事件の背景と犯人の動機

犯行グループは戦前の日本を「完全な悪」と捉えていました。特に太平洋戦争を侵略戦争として大変憎んでいました。 三菱重工は戦前・戦中の軍事産業の中核となる存在でした。事件当時も経済的にアジアを侵略している帝国主義を支援する企業として見なされ爆破テロのターゲットされたのです。 犯行グループは同時期昭和天皇を暗殺する「虹作戦」を計画していましたが断念を余儀なくされ、その代わりに「三菱重工爆破事件」を決行するに至ったとされています。

 

犯行声明文

実は「三菱重工爆破事件」の被害は犯行グループの予想を遙かに超えるものだったのです。予想に反して一般の通行人を含む多数の死傷者をだしたことがグループ内部で議論を呼びました。 結果、その犯行声明文も当初のものは破棄され、最終的な声明文は9月に出されましたが、自己弁護とイデオロギー色の強いものになりました。以下に犯行声明文の全文を引用します。

一九七四年八月三〇日三菱爆破=ダイヤモンド作戦を決行したのは、東アジア反日武装戦線“狼”である。 三菱は、旧植民地主義時代から現在に至るまで、一貫して日帝中枢として機能し、商売の仮面の陰で死肉をくらう日帝の大黒柱である。 今回のダイヤモンド作戦は、三菱をボスとする日帝の侵略企業・植民者に対する攻撃である。“狼”の爆弾に依り、爆死し、あるいは負傷した人間は、『同じ労働者』でも『無関係の一般市民』でもない。彼らは、日帝中枢に寄生し、植民地主義に参画し、植民地人民の血で肥え太る植民者である。 “狼”は、日帝中枢地区を間断なき戦場と化す。戦死を恐れぬ日帝の寄生虫以外は速やかに同地区より撤退せよ。 “狼”は、日帝本国内、及び世界の反日帝闘争に起ち上がっている人民に依拠し、日帝の政治・経済の中枢部を徐々に侵食し、破壊する。また『新大東亜共栄圏』に向かって再び策動する帝国主義者=植民地主義者を処刑する。 最後に三菱をボスとする日帝の侵略企業・植民者に警告する。 海外での活動を全て停止せよ。海外資産を整理し、『発展途上国』に於ける資産は全て放棄せよ。 この警告に従うことが、これ以上に戦死者を増やさぬ唯一の道である。

三菱重工爆破事件の犯人とその後

「三菱重工爆破事件」の実行犯である「東アジア反日武装戦線」メンバーである4名はどのような運命を辿ったのでしょうか。その内の二人は日本社会を揺るがせた別の有名な事件とも関わりをもっていきます。 ここでは4名それぞれ個人別に逮捕後に辿った流れを追っていきます。

佐々木規夫

「三菱重工爆破事件」で」逮捕・起訴された4名のうち、「佐々木規夫(ささきのりお)」と「大道寺あや子」は世界的にも注目された日本赤軍によるクアラルンプール事件・ダッカ日航機ハイジャック事件による超法規的措置で釈放・逃亡しました。 二人は既に起訴されていたため裁判は「公判停止」となり、二人は現在も国際指名手配となっています。 「佐々木規夫」はその後日本赤軍に合流し、三井物産マニラ支店長誘拐事件などにも関与したとされています。

大道寺あや子

「大道寺あや子」も「佐々木規夫」とともにダッカ日航機ハイジャック事件による超法規的措置で釈放・逃亡し、現在も国際指名手配されています。 「大道寺あや子」は「三菱重工爆破事件」では時限爆弾設置の見張り役を担ったことから、狂信的な夫に協力させられた従犯にすぎないという同情論も一部にありました。 香港で日本赤軍最高幹部の重信房子(しげのぶふさこ)と会合を持ったことが確認されていますが、その後の行方はわかっていません。

大道寺将司

「大道寺 将司(だいどうじ まさし)」はダッカ日航機ハイジャック事件による超法規的措置で釈放・逃亡した「大道寺あや子」の夫です。「三菱重工爆破事件」では爆薬を仕掛ける役割を担いました。 「大道寺 将司」は「三菱重工爆破事件」を含む9件の爆破事件で起訴され、1983年3月最高裁において死刑が確定します。彼は2017年5月東京拘置所で死亡しました。68歳でした。 長年死刑の執行がなされなかったのは、超法規的措置で釈放・逃亡した二人の被告の消息が不明になっており、裁判が終了していないためと見られています。

片岡利明

「片岡利明(かたおかとりあき)」は「東アジア反日武装戦線」の別称である「狼」の名付け親とされています。一連の爆破テロ事件において爆弾製造の中心的役割を果たしました。現在の姓は「益永」です。 連続爆破事件の容疑者として逮捕・起訴され、1987年3月最高裁において死刑が確定しています。 「大道寺将司」と同様死刑の執行がなされないのは、超法規的措置で釈放・逃亡した二人の被告の消息が不明になっており、裁判が終了していないためと見られています。

三菱重工爆破事件の被害者

「三菱重工爆破事件」の被害は甚大なものでした。玄関ロビーは大破し9階ビルの全ての窓が壊れ、通りを隔てた向かいのビルの窓ガラスも割れました。社員が大勢死傷したに止まらず、何の関係もない通行人にも被害者が出ました。 爆風の衝撃で粉々になった窓ガラスが通りに降り注いだことが多くの死傷者を出した理由とされています。

三菱重工爆破事件の死者は8名

「三菱重工爆破事件」に使われた爆弾は列車爆破用の爆薬を転用した非常に質量が大きく、その威力は犯行グループの予想を超えるものでした。ビル街での爆破テロであったため爆風が拡散せずビルに沿って吹き上がりました。 爆発による爆風と飛び散ったガラス破片により三菱重工と無関係の通行者を含む8名の死者が出ました。 8人の内5人は即死、3人が病院において亡くなりました。

三菱重工爆破事件の怪我人376名

爆風によって破壊された窓ガラスが凶器となってビル街に降り注ぎ、8人の死者以外の重軽傷者は376人にのぼりました。 この被害者数は後のオウム真理教による松本サリン事件、地下鉄サリン事件までは戦後最大の規模でした。 このような甚大な被害を出した要因として忘れてならないのは、企業における危機管理体制の甘さです。予告電話をいたずら電話と片付けてしまい、重要な避難措置が全く執られなかったことは非難に値します。

三菱重工爆破事件がきっかけで「犯罪被害者等給付金支給法」が施行される

「犯罪被害者等給付金支給法」の正式名称は「犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律」です。何度かの法改正で現在の形になりました。 同法はその名のとおり犯罪の被害者を金銭的に支援するためのもので、たくさんの死傷者を出した「三菱重工爆破事件」を切っ掛けに1980年に制定され翌年1月から施行されました。 同法は当初国内で発生した犯罪のみを対象としていたためその問題点が指摘されていました。2016年海外の犯罪における被害者救済の新たな立法措置がなされましたが、その対象や支援規模において未だ問題点が指摘されています。

まとめ

「三菱重工爆破事件」について経緯や犯人像などを含めて解説しました。日本でもこのようなテロ事件があったのかと、今更ながらゾッとしますね。 海外の爆破テロ事件が毎日のように報道された時期がありましたが、正に人ごとではないのです。我が国においてもこのようなテロ事件が起こりうるという、各種危機管理体制強化の必要性を思い知らされる事件です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる