\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

金大中事件は朴正熙、韓国政府が暗殺が企てた事件。光州事件との関連性は?

もくじ

1分でわかる金大中事件

  • 拉致の計画をしたのは朴正熙、韓国政府
  • 金大中は殺害されず解放される
  • 金大中事件のKCIAとの関わりの疑い

韓国で評価が高かった政治家の金大中(キム・デジュン)が拉致され、軟禁された事件です。事件は独裁政治を行っていた大統領の側近が行っていました。 金大中事件のきっかけに文世光事件・朴正煕暗殺事件・ 光州事件が起こることになってしまいました。

金大中事件の概要

朴正煕大統領の政策に異議を唱えていた政治の敵だった金大中(キム・デジュン)はどのような経緯で拉致の計画を行われたのでしょうかその真相に迫ります。 また 拉致された場所や拉致の方法、拉致に関わった人たちなどの情報も解説していきます。

金大中の存在を恐れていた朴正熙、韓国政府が暗殺を企てる

金大中は当時国民から評価が高い政治家でした。朴正熙と大統領を決める選挙で戦っていました。朴正熙は大統領選挙で勝利するも金大中の存在に危機感を覚えていました。 そんな中で起こっていたのが金大中の車と大型トラックの交通事故です。事故で金大中は腰などの怪我をしました。交通事故の不自然さから事故の真相を明らかにするための追求が進みました。 交通事故は金大中の殺害を狙って意図的に起こしたことが判明し、韓国政府もそれを認めていました。

朴正熙の側近の李厚洛が金大中を拉致し殺害する計画を企てる

金大中を拉致し殺害する計画を立てのは朴正熙の側近である李厚洛(イ・フラク)でした。李厚洛は政治的な活動により韓国人の心を掴み、ポスト「 朴」と噂されるようになっていきました。 その噂に不満を示したのが朴正熙大統領です。李厚洛の評価が高まる中、朴正熙大統領との関係に危機感を抱いた李厚洛は大統領との関係を改善する目的である行動に出ました。 それが朴正熙大統領の政治の敵である金大中を拉致し殺害する計画でした。

病気の治療のため来日していた金大中をホテルグランドパレスで襲う

病気の治療のため来日していた金大中が拉致された現場は東京のホテルグランドパレスの2階でした。政治家との会談が終わった後にフロアから出たところで7人ほどに襲われました。 意識を失うためのクロロホルムを口に当てられ、その後エレベーターにより地下にある駐車場の車から船が置いてある神戸港に連れていかれました。 鎖など自由を奪われた状態であらかじめ準備していた船に乗せられて韓国へと向かいました。

金大中は海に投げ込まれそうになったところを海上保安庁に発見される

当初は金大中の拉致の目的は殺害でした。足や腰などにおもりをつけて海に沈める予定でした。 しかし、日本政府とアメリカ政府に拉致したことが知られ船は追跡されました。船上から鎖で縛った金大中を海に落す動作をした時に海上保安庁のヘリコプターから船が発見されました。 そしてヘリコプターから周囲を照らす照明弾が投下されたため金大中を海に落すことを断念していました。

韓国に拉致され、解放された

東京で拉致した金大中を船から海にに落とし、重りをつけて沈める予定でしたがその予定を変更し金大中を船に乗せ韓国の釜山港に向かいました。 金大中は自宅周辺のガソリンスタンドで解放され金大中は自力で自宅へ帰宅しました。

金大中事件ではKCIAの関わりが疑われ日韓の主権侵害問題に発展

金大中事件について韓国大統領の情報機関である韓国国家情報院が、事件にKCIA(大韓民国中央情報部)が影響をしていたことや大統領が拉致事件のことを知っていて許していたと発言していました。 この発言により、日韓の主権侵害問題に発展しました。当時外務大臣だった高村外相は韓国政府に対して謝るように要求していました。 高村外相はこの金大中事件を日本の事件として洗い直しをしても日本と韓国の外交問題としないことの約束を得ていました。

金大中事件後の金大中

拉致、監禁され自宅に戻された金大中は拉致された年から24年後の1997年の大統領選挙に出て大統領になっています。大統領になった金大中にはアジア通貨危機が起こり経済が悪化していきました。 経済を立て直すためにIMFの介入の受入と経済改革が実行しました。経済改革ではIT人材育成に助成金を支給するなどの政策や電子ジャーナル政策などによりIT業界を発展させていきました。 そして韓国は「IT先進国」と呼ばれるようになっていったのです。

金大中事件との関連のある事件

金大中事件が起きた後には文世光事件・朴正煕暗殺事件・ 光州事件がありました。大統領夫人が暗殺された文世光事件とはどんな事件だったのでしょうか。 また友人に殺害された朴正煕暗殺事件とは、非常戒厳令を出し、多くの死者・負傷者を出してしまった光州事件の真相に迫ります。

文世光事件

ソウルの光復記念式典で夫人が暗殺された事件です。暗殺されたのは朴正煕大統領夫人でした。事件を起こしたのは在日韓国人青年の文世光(ぶんせいこう)です。 大統領夫人が暗殺されることになりましたが、文世光の狙いは大統領の暗殺でした。 文世光は日本の高官に変装して警備員をだまして式典に潜入し、大統領を狙って銃を発射するも夫人を殺害する結果になっていました。文世光には死刑の判決が下され、死刑の執行もされました。

朴正煕暗殺事件

朴正煕大統領が朝鮮人民軍の特殊部隊の兵士に殺害された事件です。事件は韓国のソウルの宴会場で晩餐会を行っていた時に起こりました。 殺害を実行した金新朝(キム・シンジョ)は大統領の友人でした。金新朝と大統領は学生運動の対応を巡って意見が対立していました。 また、大統領を警護していた車智澈(チャ・ジチョル)とライバル関係にあり、大統領と車 智澈を恨み殺害を実行していました。

光州事件

1980年に韓国で起きた民主化デモです。軍隊を支配し政権を握っていた朴正煕大統領が暗殺されたことをきっかけに学生がデモを起こしました。 デモ拡大を恐れた全斗煥(チョン・ドゥファン)は韓国全土の指揮を軍部が握る非常戒厳令を出し戒厳軍を結成し、デモの中心光州市には空挺部隊を投入していました。 死者154人、負傷者1628人以上を出した事件だったのに戒厳令によりメディアに抑制がかかり、光州市で起きていたこと知ることはできませんでした。

金大中事件を題材にした映画「KT」

金大中事件を題材にした映画「KT」は2002年に公開された日本・韓国の合作映画です。 釜山映画祭に参加した経験を持っている阪本順治氏が監督で、香川照之・佐藤浩市・原田芳雄などそうそうたるメンバーが出演しました。韓国からは演技派として人気のあるキム・ガプスなどの韓国人が3人ほど参加しました。 映画は韓国大統領・朴正煕の独裁政権に反発して、大統領の暗殺の計画(KT作戦)をするまでの韓国大使館の動きが描かれていました。

【関連記事】拉致に関連した事件はこちら

まとめ

金大中事件をきっかけに文世光事件・朴正煕暗殺事件・ 光州事件が起こりました。このような事件が起こった背景には独裁者による政治が大きく影響しています。独裁者による政治は少なくなったきてはいます。 しかし、香港でも起きているようになくならないの現実です。金大中事件などを忘れることなく今後に役立つことを願いたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる