\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

ひめゆりの塔事件の概要や犯人の詳細を時代背景とともに解説します。

もくじ

1分でわかるひめゆりの塔事件

  • テロリストが当時の皇太子・皇后に火炎瓶を投げつける
  • 皇太子と皇太子妃は軽傷を負う
  • 犯人たちは新左翼集団

1975年7月17日、当時の皇太子殿下と皇太子妃が戦後初めて沖縄を訪れたました。沖縄には先の大戦の責任は天皇にあるとい「天皇の戦争責任」論を掲げるテロ組織も潜伏していました。 犯人の新左翼「沖縄解放同盟準備会」のメンバーが、当時の皇太子・皇后陛下両殿下がひめゆりの塔に献花いている時に、両陛下に対し火炎瓶を投げつけたのです。 幸い両陛下に大きなお怪我はなかったものの、皇室に対する沖縄県民の複雑な気持ちを表す事件となりました。

ひめゆりの塔事件が起きた時代背景

太平洋戦争も終盤を迎えた1945年3月17日、硫黄島に在った日本守備隊が壊滅すると、同年20日米軍の沖縄への進行が開始されました。 そのため日本軍と米軍との争いに巻き込まれ、多数の沖縄県民が犠牲となりました。その遺族の中には、「天皇の戦争責任」を追及する過激なグループもいました。 先の大戦の傷跡が残る沖縄で起きた、「天皇の戦争責任」を社会に問いかけた、ひめゆりの塔事件とは何だったのでしょうか。

沖縄県民を虐殺した日本軍に対する怒り

こうして混乱していく沖縄ですが、特に沖縄本島では米軍の兵士による強奪・強姦が横行します。そして、米軍はそれまで殆ど関心のなかった久米島を侵略するとして、966人の部隊を編成し送り込んだのでした。 米兵から「降伏勧告状」を渡された住民が「米軍のスパイ」として日本兵によって処刑されてしまいます。その後に米軍のスパイと疑われた者が次々と殺害され、渡野喜屋事件、名護市照屋中英学校長殺害などで計1000人が虐殺されました。 日本兵のこうした常軌を逸脱した行いが、次第に沖縄県民の怒りを日本へ向けさせていくことになるのです。

戦時中の沖縄の植民地支配に対する怒り

こうした日本軍に対する反感が強まるうちに、戦中の沖縄植民地支配による沖縄県民への不当な扱いについても不満の声を上げる者が現れます。 実際に沖縄県が植民地として扱われていたという事実は別にしても、歴史的に「沖縄県は沖縄人のものである」という主張は残り、沖縄県民の「進化」と「同化」は民族の「蘇生」であるとする思想が強まっていきます。 特に「沖縄解放同盟準備会」という過激指導家たちによってこの思想は強調され、沖縄県民を巻き込んだ「天皇の戦争責任」を追及するという方向へ流れていくことになります。

怒りの矛先が天皇に向いていた

沖縄県民の本土への不信は、次第に天皇陛下の戦争責任を追及するという目的に向かいます。それを具現化したのが「沖縄解放同盟準備会」の存在でした。 しかし、「渡嘉敷島、座間味島の集団自決は軍の強制である」という彼らの根拠は戦争遺族からも否定されています。 こうした過激な活動を後押していたのは、共産党系の活動家の関与があったとされています。沖縄と本土の怒りは天皇陛下へと向い、やがて沖縄と本土の分断という工作活動へと変わっていくのでした。

天皇制に対する疑問も抱かれていた

天皇制とは、天皇陛下を中心にした国作りですが、そもそも長らく続いていた武家政治において、必ずしも国民の間で天皇陛下のご存在が広く知られていたとは言い難かったのです。 明治・大正・昭和へと繋がるなかで、ようやく天皇を中心とした国家が形成されていきました。そこで議論になったのが、天皇陛下の権力と地位や規定をどう定めるのが適当かというものでした。 陛下の地位としての形式は「君臨すれども統治せず」という、象徴天皇の地位が落ち着くという意見に、「天皇の戦争責任」までを追及することへの矛盾を指摘する者とで議論は白熱します。

皇太子と皇太子妃の訪問に際し警備を厳重にしていた

1975年7月17日に沖縄に到着した皇太子一行は、沖縄県警警察本部や派遣隊の応援により約1000名の警護部隊を編成し、3700人の警備体制を敷いたとされています。 しかし、本土の機動隊が5000人を配備するという警察の警備体制が、マスコミからの批判を恐れた三木内閣の指示により大幅に縮小されます。 それに追随した屋良朝苗沖縄県知事は、警備員を大幅削減しますが、左翼活動家の動きを把握していた佐々木敦之警備局課長は、皇太子一行の安全確保を主張します。しかしその進言が聞き入れられることはありませんでした。

ひめゆりの塔事件の概要

皇太子と皇太子妃の沖縄訪問のもう一つの目的は、「沖縄海洋博覧会」の視察でした。博覧会の会場に向かう途中、新左翼党派「沖縄解放同盟準備会」を名乗る2名が、皇太子一行の乗る車に瓶やスパナなどを投げつけるという事件が起きます。 その後に訪れた「ひめゆりの塔」でも、「沖縄解放同盟準備会」メンバーから火炎瓶を投げられる事件が起きますが、幸いに大事には至たることなくその後の公務もこなされています。 ここからは、ひめゆりの塔で起きた事件の経緯について、改めて見ていきましょう。

皇太子と皇太子妃が戦後初めて沖縄を訪問した

1975年7月17日に皇太子昭仁親王と皇太子美知子妃お二人が、先の大戦後初めて皇室として正式に沖縄を訪問されました。 同月の7月20日より開催される「沖縄国際海洋博覧会」のご視察に合わせた訪問でしたが、ひめゆりの塔や白銀病院など、沖縄上陸戦にまつわる施設や記念塔も回るスケジュールでした。 初めての沖縄訪問ということもあり、出来るだけ大戦の跡地を巡り、沖縄県民の苦しみに身を寄せたいという思いもあったのでしょう。

①:白銀病院での襲撃

同月18日の早朝に御所を出発された両殿下は、沖縄に到着するとそのまま南部の戦地跡地に向かわれます。 車が糸満市の白銀堂にさしかかった時でした。入院患者と見舞客に偽装していた沖縄解放同盟準備会の活動家2人が、「天皇制反対」などと叫んで、白銀病院下を通過する皇太子と皇太子妃の車両に向かってガラス瓶やスパナ、石などを投げました。 2人は直ぐに公務執行妨害で逮捕されますが、犯行を制止しようとした医師らがケガを負うという事態となりました。

②:ひめゆりの塔での襲撃

こうしたテロ行為が起きたことで、ひめゆりの塔でも同様の事件が起きることが予想されました。同日13時19分に皇太子一行がひめゆりの塔に到着すると、ひめゆりの会の会長が出迎え塔についての説明を受けられました。 その直後の13時19分、塔の横にある地下壕に潜伏していた沖縄解放同盟の活動家2名が、皇太子ご夫妻の前方に向かって火炎瓶を投げつけたのです。

皇太子と皇太子妃は軽傷で済んだ

奇襲であったこともあり、現場は大混乱に陥りますが、美知子妃殿下は警察に庇われ難を逃れます。打撲傷を負うというお怪我はされたものの、その後のご公務は変えることなく慰霊地の「魂魄の塔」にも向かわれています。 また、国立ハンセン病療養所沖縄愛楽園などを視察されるなど、順調に公務をこなされています。 この警備に当たっていた警視庁警備課長の佐々淳行は解任されますが、その翌日に両殿下に対する世論調査を行いました。回答では概ね「両殿下に好感を持った」という意見が多数を占めたようです。

ひめゆりの塔事件の主な犯人と現在

ひめゆりの塔事件の主犯格とされるのは、当時の新左翼沖縄解放同盟準備会のメンバーである白銀病院から瓶やスパナを投げた中核派の川野純次と、ひめゆりの塔の壕から火炎瓶を投げた知念功です。 2人はその場で現行犯逮捕されますが、刑罰は公務執行妨害という軽いものでした。川野純次は懲役1年6か月、知念功は2年6か月の実刑が出されています。 判決文にも、2人が「天皇陛下の暗殺」を目的としていなかったとして、検察側の主張は退けられました。

知念功

日本国の象徴である天皇陛下を殺傷するという暴挙を冒してまで、彼が伝えたかったものは沖縄の事を想いながら亡くなった人々の屈辱を知ってほしいという願いからでした。 服役中には、沖縄大学の組原博氏と弁護士を目指しますが、精神的に参っていたこともあり酒に浸る状態が続いていたようです。 犯行後は家族の心配をしつつも、自分に対する非難は経験がないと振り返っています。

川野純治

川野純次は、出所後の2010年9月に名護市議選に社会党の推薦で立候補し当選しました。以後、米軍基地の移設反対などを訴えています。 立候補前には、川野純次の過去について知るものは少なく、一部の市民団体「わびあいの里」により公表されただけでした。 その後には2014年に再選し、2016年には中核派などが支援する三里塚山連合空港反対同盟北原派の集会に出席しています。川野純次は、2018年にも社会党・共産党・平和フォーラム等の支援で再選します。

ひめゆりの塔事件の裁判で全員に懲役刑の実刑判決が下される

ひめゆりの塔事件では、関与した全員が現行犯逮捕されています。日本の象徴を狙った凶悪な事件でしたが、天皇陛下の裁判への関与などが考慮され、公務執行妨害として裁かれました。 白銀病院テロの川野純次らには、懲役1年6か月、ひめゆりの塔テロの2名には懲役2年6か月の実刑が言い渡されました。 沖縄解放同盟準備会の組織的な犯行ではありましたが、押収した声明文書や機関誌等に天皇暗殺といった表現がなかったこともあり、殺人未遂での立件は見送られました。

まとめ

この沖縄で起きたひめゆりの塔事件は、知念功の供述から察するに、沖縄戦で散った同胞の無念と屈辱を両殿下に伝えたいという純粋な気持ちから起きたものでしょう。 犠牲者の霊を弔う慰霊碑を皇太子・皇后陛下が訪れ、花を手向けられたことは意義のあるものでした。今もひめゆりの塔には大勢の方が花を手向けに訪れていることでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる