\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

江川事件の空白の一日と言われるドラフト前日、江川卓と巨人に何が起きた?

もくじ

1分でわかる江川事件

  • 読売巨人軍が「空白の一日」に江川卓と契約
  • 読売巨人軍とプロ野球機構は真っ向から対立
  • 政界を巻き込む大事件

江川事件とは、1978年プロ野球ドラフト会議前日に読売巨人軍が野球規約の盲点をついて江川卓氏と契約したものです。 当時の野球協約において、前年に指名した選手の交渉権はドラフト会議前々日まで保有できることが明記されていました。 「空白の一日」を利用した契約は正当とする読売巨人軍とプロ野球機構は真っ向から対立し、政界を巻き込む大事件に発展しました。

江川事件の概要

作新学園のエースとして甲子園を沸かせた江川卓氏は、高校・大学時のドラフト会議では意中の球団に指名されなかったため入団を拒否していましたが、3度目のドラフト会議前日に読売巨人軍と契約します。 現行のドラフト制度では考えられないことですが、なぜ、江川卓氏と読売巨人軍は「空白の一日」を利用してドラフト前に契約できたのかを説明します。

1978年のプロ野球ドラフト会議前日に起きた事件

江川事件が起きたのは1978年プロ野球ドラフト会議を翌日に控えた11月21日のことです。 法政大学を卒業した江川卓氏は作新学院の職員としてカリフォルニア大学に野球留学していましたが、11月20日に突如帰国します。 そして、翌21日には船田中自民党副総裁の事務所を訪れ、読売巨人軍との入団契約を締結してしまうのです。江川卓はドラフト対象外の選手であり契約に支障なしと読売巨人軍は判断していましたが、この契約は後に大騒動を引き起こします。

巨人が江川卓とドラフト前に契約

読売巨人軍と江川卓氏が相思相愛の関係であることは、大学時のドラフトで江川卓氏が公言したことにより他球団の関係者にも知れ渡ることになります。 しかも、江川卓氏は過去のドラフトにおいて2度も指名拒否をしていたので、リスクを犯してまでドラフト会議で指名する球団はないとされていました。 ところが、ドラフト前に読売巨人軍が「空白の一日」を利用して、江川卓氏と契約を結んだことが報じられると事態は急展開します。

江川卓は二度の指名拒否

江川卓氏は高校時代と大学時代の2度にわたって、ドラフト1位で指名されていますがいずれも入団を拒否しています。 高校時代は阪急ブレーブスに指名されましたが、大学進学を理由に入団を拒否して法政大学に入学しました。 大学時代はクラウン(現西部ライオンズ)に指名されますが、「福岡は遠い」といった理由から入団を拒否して作新学園の職員となっています。そのため、江川卓氏の3度目のドラフトはプロ野球ファンにとって大きな関心事となっていました。

ドラフトでは阪神に指名

鈴木龍二セ・リーグ会長は読売巨人軍の行為はドラフト会議の意義を根底から覆しかねないとして、江川卓氏の選手登録申請を却下します。 しかし、野球規約に抵触していないことを主張する読売巨人軍はこの処置を不服として、翌日のドラフト会議をボイコットしてしまいました。 一方、江川卓氏はドラフト対象選手となり4球団が指名しますが、抽選の結果、阪神タイガースが交渉権を獲得することとなり江川卓氏の決断に注目が集まりました。

その後阪神とのトレードにより江川卓の巨人入り

ドラフト会議に納得できない読売巨人軍は、翌23日に江川卓氏の地位保全の仮処分申請を東京地裁に申請します。さらに、正力亨オーナーはセ・リーグを脱退して新リーグを作ることを示唆するなど事態は混迷を極めました。 これに対して日本野球機構は、江川卓氏を一旦阪神タイガースに入団させた上で読売巨人軍にトレードすることを望むといった異例の発表を行うのです。 そして、1979年1月31日に読売巨人軍の小林繁投手とのトレードが成立し江川卓氏の巨人入団が決まります。

【関連記事】大手企業が世間を騒がせた事件についてはこちら!

空白の一日

江川卓氏の読売巨人軍入団についてはさまざまな論議がなされましたが、野球規約上に問題があったわけではなく「野球協約の精神に反する」といった理由だけで契約が認めらませんでした。 そこで、読売巨人軍が契約の正当性を主張する際に用いた「空白の一日」とは、どういった経緯で生まれたものだったのかを説明します。

巨人はドラフト外の選手として契約した

読売巨人軍は何としても江川卓氏を獲得するため、ドラフトなしで確実に入団させる方法を模索していました。当時の野球規約において、ドラフト対象学生は日本の中学・高校・大学に在学する者と定められています。 しかし、江川卓氏は作新学園の職員となっており社会人野球にも所属していなかったので、野球規約上は「ドラフト対象外」でした。 そこで、読売巨人軍は「ドラフト外」の選手として江川卓氏と「空白の一日」に契約するといった手段をとりました。

巨人は野球規約の隙間をついた

読売巨人軍は、ドラフト会議前日はどの球団にも獲得交渉権がないので、江川卓氏は自由の身であり契約に支障はないと主張しました。実際、当時の野球規約においてドラフトで獲得した交渉権の効力は翌年の前々年までと定められています。 しかし、これはドラフト会議前日まで遠隔地で交渉が続いた場合、球団関係者がドラフト会議に間に合わないことを想定して定められたものでした。 つまり、読売巨人の主張する「空白の一日」は、本来の主旨とは異なり野球規約の隙間をついた方法でした。

江川事件が与えた影響

江川事件は読売巨人軍の小林繁投手を阪神タイガースにトレードする形で一応の決着はしたものの、球界のみならず政界を巻き込んだ大騒動に発展したため、さまざまな方面に有形無形の影響を与えることになります。 その中でも、野球規約の変更や沢村賞の選考基準など、江川事件が原因となって球界に与えた影響は数多く存在します。

野球規約の変更

江川事件によって、ドラフト制度によって入団したい球団を選べないのは憲法の「職業選択の自由」に反するのではないかとの議論が巻き起こります。 そのため、衆議院法務委員会に鈴木龍二氏(セ・リーグ会長)、三原脩氏(元監督)、川上哲治(元巨人監督)ら5人の関係者が参考人招致されました。 なお、江川事件の翌年からドラフト対象者を「日本の中学・高校・大学に在学した経験のある者」と野球規約が変更されますが、これは事件の前から決まっていたものです。

沢村賞の明確化

江川卓氏は巨人に入団後、輝かしい活躍をみせますが入団時のイメージが長期間にわたってつきまとうことになります。 その最たる例が沢村賞への選考であり1980年には16勝、1981年には20勝を上げタイトルも獲得しますが受賞には至りませんでした。 その記者会見において「江川は沢村賞の人格には値しない」といった発言もあり、翌年からは明確な選考基準や沢村賞選考委員会が設けられ、公平公正な選考が実施されるようになります。

【関連記事】社会に与えた影響が大きい事件についてはこちら!

まとめ

江川事件は「空白の一日」といった野球協約の盲点をついた読売巨人軍の強引な選手契約が、大きな社会問題にまで発展した事件です。 しかし、当時の野球規約に違反するものではなく「野球協約の精神に反する」といった理由だけで、江川卓氏は大バッシングを浴びることになりました。その結果、プロ野球選手としての輝かしい実績が正当に評価されないといった別の問題を生み出しました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる