\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

エアカナダ143便のギムリーグライダー航空事故の全貌。奇跡の着陸劇とは?

もくじ

1分でわかるギムリーグライダー航空事故(エアカナダ143便)

エアカナダ143便のギムリーグライダー航空事故とは

  • 燃料の誤計算により起こった航空事故
  • 胴体着陸するも奇跡的に怪我人のみ
  • 奇跡の着陸が事故の名前に

ギムリーグライダー航空事故の概要

この事故は航空史上に名を残すほどで、世界的にも有名です。高高度でもかろうじて機体の制御ができたことや、機長がベテランパイロットであったことが幸いしました。 ギムリー基地に不時着するも全く死者はなく、怪我人のみという奇跡の事故でした。

1983年にエアカナダ143便が起こした不時着事故

「ギムリーグライダー航空事故」は、1983年に起こった航空事故です。事故の内容は、燃料切れを起こした航空機が付近の基地へ胴体着陸したというものでした。 飛行予定時間は約5時間ほどで、機長はベテランであり通常であれば事故を起こすなど考えられないことです。しかしこの時のフライトはヤード・ポンド法からメートル法へと切り替えた、初めてのフライトでした。 また機器の故障による手動入力時の誤計算といった人為的ミスが、事故の原因とされています。

乗客乗員の死者は出なかった

この事故では胴体着陸となるものの、奇跡的に死者は0名でした。 燃料切れを起こしてエンジンが停止したのは、高度1万2千mでした。また、エアカナダ143便には乗客乗員合わせて69名もの人が乗っていました。 さらに不時着したギムリー空軍基地は当時すでに空軍基地ではなく、不時着当日は自動車レースが開催されており大勢の人でにぎわっていました。このような状況で全エンジン停止というトラブルがありながら死者は一人も出ませんでした。

]]> エアカナダ143便のギムリーグライダー航空事故

 

1分で分かるエアカナダ143便のギムリーグライダー航空事故

1分でわかるギムリーグライダー航空事故(エアカナダ143便)

  • 燃料の誤計算により起こった航空事故
  • 胴体着陸するも奇跡的に怪我人のみ
  • 奇跡の着陸が事故の名前に

ギムリーグライダー航空事故の概要

この事故は航空史上に名を残すほどで、世界的にも有名です。高高度でもかろうじて機体の制御ができたことや、機長がベテランパイロットであったことが幸いしました。 ギムリー基地に不時着するも全く死者はなく、怪我人のみという奇跡の事故でした。

1983年にエアカナダ143便が起こした不時着事故

「ギムリーグライダー航空事故」は、1983年に起こった航空事故です。事故の内容は、燃料切れを起こした航空機が付近の基地へ胴体着陸したというものでした。 飛行予定時間は約5時間ほどで、機長はベテランであり通常であれば事故を起こすなど考えられないことです。しかしこの時のフライトはヤード・ポンド法からメートル法へと切り替えた、初めてのフライトでした。 また機器の故障による手動入力時の誤計算といった人為的ミスが、事故の原因とされています。

乗客乗員の死者は出なかった

この事故では胴体着陸となるものの、奇跡的に死者は0名でした。 燃料切れを起こしてエンジンが停止したのは、高度1万2千mでした。また、エアカナダ143便には乗客乗員合わせて69名もの人が乗っていました。 さらに不時着したギムリー空軍基地は当時すでに空軍基地ではなく、不時着当日は自動車レースが開催されており大勢の人でにぎわっていました。このような状況で全エンジン停止というトラブルがありながら死者は一人も出ませんでした。

事故の原因は燃料の誤計算

事故の原因とされるのは燃料の計算ミスです。 当時エアカナダ143便は、燃料量を監視するための機械が故障していました。フライト前にその故障が直されることはなく、職員が計算し手動で入力しました。 しかしちょうどメートル法への移行の最中であり、この航空機が同社では初めてメートル法を使う機体でした。そのため職員が混同し、燃料を手動入力する際に誤った計算に基づいてしてしまいました。このことで必要な燃料の約半分しか供給されませんでした。

燃料切れから着陸までの奇跡

高度12,000mもの上空で燃料切れを起こし、全エンジンが停止するというトラブルに見舞われながらも奇跡の不時着を果たしました。 ここでは燃料切れから着陸までの奇跡を順を追ってみていきます。

エンジン停止も誘導は行えた

エンジンが完全に停止し電力の供給が断たれた後も、かろうじて誘導を行うことはできました。 電力を使わないアナログ計器などで、機長は最低限の情報得ることができていました。また非常用風力発電機が作動したことにより、機体を制御するための十分な油圧を得ることができました。 そのために航空機は徐々に降下しつつもかろうじて姿勢が制御されていました。しかし着陸するには高度をさらに下げる必要があり、降着装置のロックを外すも空気抵抗によりうまくはいきませんでした。

ギムリー空軍基地へ

機長が航空機を制御している間に管制官と副機長がウィニペグに到着できるか試算しましたが、その可能性は限りなく低く近くにあったカナダのギムリー基地へ不時着することにしました。 以前同基地に勤務経験があった副機長は、基地がすでに閉鎖されていることは知りませんでした。当時すでに民間の空港となっていた基地は、事故当日は地区の自動車レースに使用されていました。 機長は趣味であったグライダーの経験を生かして、ギムリー基地に航空機を着陸させようと試みました。

胴体着陸も怪我人のみ

航空機はギムリー基地に胴体着陸をするも、幸いにして死者は出ることなく怪我人のみでした。 停止位置はその日行われていた自動車レースの会場からわずかしか離れていませんでしたが、被害はありませんでした。 乗客のほとんどは怪我もなく無事に脱出することができました。しかし脱出の際小規模な火災が起こったことによりパニックになったことと、通常よりも脱出口が高かったために10人ほどの軽傷者が出ました。

奇跡の着陸が事故の名前に

奇跡的な着陸を果たした航空事故は、着陸した基地の名と着陸時のグライダー飛行の名を取って「ギムリーグライダー航空事故」とよばれるようになりました。 奇跡的な事故は世界的に有名になりました。またエアカナダ143便はその後も空を飛び続け、引退する際には事故当時の機長以下8人の乗務員全員が搭乗しました。

まとめ

航空事故は恐ろしいものがほとんどです。墜落してしまえば助かる可能性は非常に低く、胴体着陸も必ずしも成功するとは限りません。 悲劇的な結末を迎える航空事故の多くは、ヒューマンエラーが原因とされています。奇跡などめったに起こることはないからこそ奇跡なのであって、機体の整備や点検はきちんと行い事故が起こることを未然に防ぐことが大切です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる