\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

ゾディアック事件とはアメリカで起きた未解決の連続殺人事件。真犯人や暗号の真相とは?

もくじ

1分でわかるゾディアック事件

ゾディアック事件とは

  • 何人もの人が射殺され、暗号文が犯人から届いた
  • 真犯人と思われる人物が浮かぶが事件は未解決のまま
  • 事件を題材にした映画が作られた

ゾディアック事件の概要

「ゾディアック事件」とは男女のカップルなどを次々と殺害していった連続殺人事件のことです。 犯行後は犯人から警察に挑発するような電話がかかってきたり、マスコミにも暗号文で犯行声明が送り付けられたりといくつもの証拠を残しているにもかかわらず事件は未解決のままです。犯人からの声明文によれば、犠牲になった被害者の人数は37人の可能性が高いです。

男女のカップルを中心に次々と射殺され5名が死亡した事件

「ゾディアック事件」は男女のカップルが中心に狙われ、次々と射殺されて少なくとも5名もの人が死亡した事件です。 一番初めに殺害されたのは17歳と16歳の未成年の男女でした。2件目に狙われたのもカップルでしたが、この時は女性は死亡するものの男性は重傷を負いつつも助かっています。ただし犯人はこの2件以前にも殺人事件を犯したとほのめかしています。 さらにその後もカップルやタクシーの運転手などが犠牲になりました。

犯行後犯人から暗号を含む手紙が届いた

犯人は犯行後、警察へ「自分が犯人である」ということをほのめかす電話をかけました。またマスコミなどには暗号を含む手紙を多量に送りつけています。電話の内容には犯人以外は知りえないような情報も含まれていました。 犯人は犯行声明文の中で、何度も自分のことをゾディアックと名乗っていました。このことから「ゾディアック事件」という名称がついたと言われています。 送りつけられた手紙に使用された暗号文はかなり高度なものであり、犯人は頭脳明晰でかなりの教養があることをうかがわせます。

被害者は実際は37名である可能性が高い

被害者として断定されているのは5名です。しかし犯人からの手紙には37名殺したと書かれていたため、実際の被害者は37名の可能性があります。 犯人からの手紙では今後もっと大きな事件を起こすようなことがほのめかされていましたが、実際には特に事件が起こることはありませんでした。 その後も手紙は届くものの模倣犯と思われ、「ゾディアック事件」の犯人はこの手紙以降沈黙を続けました。そして表に出てくることはなくなったのです。

今も未解決のままである

何人もの生存者や警察への電話、犯行声明文などの目撃情報や証拠が残っているにもかかわらず事件は今も未解決のままです。 事件後に似顔絵が公開されていることもあり、いくつもの目撃情報や証言なども寄せられました。しかし犯人を特定できる決定的なものではありませんでした。 その後も捜査は続けられましたが模倣犯などもあり、捜査は難航しました。また何人か犯人像が浮かび上がったもののいずれも真犯人とは断定できず、今もまだ犯人は捕まっていません。

ゾディアック事件の真犯人説が浮上した人々

犯人が捕まっていない「ゾディアック事件」ですが、まったく容疑者がいないわけではありませんでした。 何人か真犯人ではないかとされる人物は浮かび上がっています。しかしいずれも証言が食い違ったり信憑性がなかったりと、真犯人ではありえないと結論が出ています。ここでは容疑者と思われる人物がなぜ犯人と断定できなかったのかを解説していきます。

ジャックトーランス

真犯人にとして有力であったのはジャックトーランスという人物です。 告発したのは義理の息子でした。ジャックトーランスが犯人ではないかとされたのは、似顔絵にそっくりであったことと、筆跡がマスコミに送られたものとよく似ていたためです。さらに爆弾の図面なども見つかっており、ジャックトーランスのDNAとともにFBIにすべて提出されています。 しかし当時のDNA鑑定方法が正確ではなくDNA自体も汚染されていて、今の状態では犯人だと断定することはできませんでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる