\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

植松聖が死刑確定。相模原障害者施設殺傷事件の全貌とやまゆり園で起きた現代の問題に迫る。

もくじ

1分で分かる相模原障害者施設殺傷事件

相模原障害者施設殺傷事件

  • 2016年7月26日に神奈川県にある知的障害者施設で死傷事件が発生
  • 犯人は元施設職員で19名が死亡、26名が重軽傷を負う大惨事に
  • 犯人が障害者に偏見を持っており、ヘイトクライムとしても注目を集める

死刑が求刑された相模原障害者施設津久井やまゆり園で起きた殺傷事件の概要

(画像:Unsplash

「相模原障害者施設殺傷事件」は、戦後の大量殺人事件の中でも史上最悪の事件です。神奈川県立の知的障害者施設で暮らしていた入所者の19名が死亡、26名が重軽傷を負っており、犯人はこの施設の元職員でした。

障害者施設の津久井やまゆり園の職員である植松聖により起こされた事件

「相模原障害者施設殺傷事件」は、神奈川県立津久井やまゆり園で発生しました。2016年7月26日2時38分に、神奈川県警に通報があったことで発覚しました。 当直していた施設の職員が非番だった男性職員に対し、LINEで「刃物を持った男が暴れている」と連絡をし。男性職員が折り返し当直職員に電話をして状況を把握したうえで警察に通報しました。犯人は元職員だった植松聖でした。

夜中に施設に侵入し入居していた人々を殺傷し19名が死亡し26名が負傷

2016年7月26日未明、植松聖は元の職場である神奈川県立津久井やまゆり園に侵入しました。警備員のいない裏口から敷地内に入り、入居者が暮らす東居住棟1Fの窓ガラスを割って施設に侵入しました。 そして当直していた職員を結束バンドで拘束し、入居者が眠る部屋に向かいました。ベッドの上で亡くなっていたところを見ると、植松聖は入居者の部屋に入ると上半身を狙って次々と刃物で刺しました。 事件では男性入居者が9名・女性入居者が10名の計19名が亡くなりました。司法解剖により失血死が17名、腹腔内出血と血気胸がそれぞれ1名と判明しました。 負傷したのは入所者24名と、男女1名ずつの当直職員でした。 刃物による切り傷だけでなく、両手の打撲傷もありました。

植松聖は自ら出頭し逮捕された

非番だった男性職員から通報を受けた神奈川県警は、すぐに神奈川県立津久井やまゆり園に向かうものの、到着時にはすでに植松聖は逃走していました。 しかし2016年7月26日3時頃、津久井警察署に植松聖が出頭し、「自分がやった」と自供したことによって警察に身柄を拘束されます。 同日4時30分に植松は、殺人未遂並びに建造物侵入容疑で緊急逮捕されました。

【関連記事】コンプレックスが発端となった事件はこちら

植松聖の犯行の経歴と犯行の動機

(画像:Unsplash

「相模原障害者施設殺傷事件」を起こした植松聖は犯行時に当直職員と出くわした際、「障害者を殺しにきた」と発言しています。また逮捕後の取り調べでも、「障害者なんていなくなってしまえ」と供述していた模様です。

 

植松聖の生い立ち

「相模原障害者施設殺傷事件」の犯人である植松聖は、1990年1月20日に東京都日野市で一人っ子として生まれました。その後両親と共に相模原市に移り住み、地元の小学校・中学校に通っています。 私立八王子実践高等学校調理科に入学したものの神奈川県立津久井高等学校定時制に転校し、帝京大学文学部教育学科初等教育学専攻への進学を果たしました。しかし大学進学後は入れ墨やドラッグにはまり、教員免許こそ取得したものの採用試験は不合格となります。 そして入れ墨していることが母親に見つかり、半狂乱になって泣き叫ぶという騒動が起こりました。それからほどなくして両親だけが東京都八王子に引っ越し、植松聖は一人暮らしをするようになります。

植松聖はやまゆり園に就職後、障害者に対する非人道的な言動が増加

大学を卒業した植松聖は自動販売機を設置する会社に就職しますが、ほどなく退職します。そして、いくつかの職場を転々とした後の2012年12月、自宅から500mの場所にある神奈川県立津久井やまゆり園に就職します。 しかし植松の勤務態度は誉められたものではなく、入居者に対しての暴言・暴行をくり返していました。 上司との面談を重ねても勤務態度の悪さは変わらず、同僚に対して「障害者は死んだ方がいい」と発言するなど非人道的な言動が増えていきました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる