\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

野々村竜太郎元県議の号泣会見や政務活動費詐欺の真相に迫る。現在の生活や選挙の限界とは?

 

もくじ

1分でわかる野々村竜太郎元県議

1分でわかる記事の要点

  • 号泣会見で世間を賑わせた兵庫県議員の騒動
  • 野々村竜太郎元県議は大金の政務活動費を不正利用した
  • 裁判では執行猶予付き有罪となった

野々村竜太郎元県議の政務活動費詐欺

2014年6月、当時兵庫県議会議員だった野々村竜太郎元県議の2013年度政務活動費について、不審な点が見つかったことから詐取疑惑が浮上しました。結果として200回近い日帰り出張や架空の出費が発覚し、野々村竜太郎元県議は在宅起訴されることになります。

 

政務活動費を900万円以上だまし取った

野々村竜太郎元県議は2011年4月10日に行われた、兵庫県議選で県議員に初当選しました。その後、約1年3ヶ月間活動することになりますが、問題となったのは2013年度の政務活動費です。 2014年6月、県議会は多額の不審な支出があるとして、野々村竜太郎元県議の収支報告書を公開しました。それによって2013年度の出張費だけで、約300万円使い込んでいることが明らかとなりました。 さらに詳しく調査した結果、すべて合わせて約900万円を政務活動費として騙し取っていたことが判明したのです。

200回近い日帰り出張や架空の出費

野々村竜太郎元県議の収支報告書で、もっとも不自然だったのは交通費です。1年で195回も日帰り出張していたことになっていました。年間の半分以上が出張というのは、1県議員としては異常です。 主な出張先は兵庫県内の城崎温泉や佐用町がもっとも多く、福岡と東京は10回程度でした。城崎温泉はともなく、なぜゆかりのない佐用町に行っていたのかは不明です。佐用町は県議会所在地から見ると兵庫県の端なので、なるべく多くの交通費を誤魔化したかったのかもしれません。 野々村竜太郎元県議は遠方への出張記録のある日に、自宅近くで少額の購入を繰り返して事務費に計上していることから、架空の出張を繰り返していたのは間違いないでしょう。この他、大阪や神戸市内の金券ショップで、なぜか2~3万円分の切手を毎月購入しています。

在宅起訴

2015年1月19日、兵庫県警は野々村竜太郎元県議を神戸地検へ書類送検しました。 容疑は詐取と虚偽有印公文書作成で、日帰りの架空出張、切手代の名目で金券購入したことや利用明細の偽造が主な理由でした。 神戸地検は8月18日、野々村竜太郎元県議を在宅起訴(逃亡の心配がない人物を拘留なしで起訴すること)しました。

野々村竜太郎元県議の号泣会見

野々村竜太郎元県議は書類送検や起訴に先立って、2014年7月に疑惑の釈明会見を自分から行っています。しかしそこで行われたのは支離滅裂な発言ばかりで、議員が泣き叫んで情に訴える前代未聞の会見となりました。このいわゆる号泣会見は、海外でも報道されるほど注目を集めました。

 

支離滅裂な発言を繰り返し号泣

野々村竜太郎元県議は2014年7月1日、政務活動費の疑惑などについて記者会見を開きました。釈明会見となるはずでしたが、実際に始まると具体的な説明は行われず、感情的な発言や奇行ばかりが目立ちました。 野々村竜太郎元県議はまず自身が当選した経緯に触れ、その後なぜか高齢者問題に話題が飛躍し、さらに日本を変えたかったなどと支離滅裂な内容を繰り返します。耳をすませる独特な「聞こえない」ポーズは、記者の質問に対して行われました。 野々村竜太郎元県議が会見の最中に号泣したことから、この記者会見は通称「号泣会見」とも呼ばれています。

会見は話題になり海外でも報道された

野々村竜太郎元県議の号泣会見は、テレビだけでなくインターネットを通じて大きな話題となりました。その勢いは海外にまでおよんでいます。 たとえばアメリカの3大ネットワークの1つであるCBSや、イギリスの大手新聞ガーディアンなどです。おおむね記者会見の内容に呆れる論調となっており、日本国内で笑いものになっていると報じていました。 このように1地方県議の会見が、海外の主要メディアでニュースになるのは、前例のない異例の出来事です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる