\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

名古屋立てこもり放火事件の全貌。犯人・別府昇についても迫る。

もくじ

1分でわかる名古屋立てこもり放火事件

名古屋立てこもり放火事件とは

  • 名古屋で起きた立てこもりと、その後の放火事件
  • 原因は賃金未払いへの抗議
  • 宅配委託の業界体質とは

名古屋立てこもり放火事件の概要

名古屋立てこもり放火事件は、名古屋市内のビルに男が凶器とガソリンを持って侵入し、やがてガソリンに火をつけ自分もろとも放火した事件です。 この事件では犯人を含めた3名が死亡、41人が負傷しました。

 

2003年に起きた立てこもり、のちに撒いたガソリンへ着火

事件が起きたのは2003年のことです。犯人は名古屋市内にあるビル内に立てこもり、持ち込んだポリ容器の中に入っていたガソリンをまき散らした上で最終的に火をつけました。 男が侵入した当初、オフィス内には男女合わせて31名が在室していました。しかし全員が人質とされたわけではなく、犯人と揉みあいになり傷を負った男性社員が1名と女性社員22名はすぐに解放されました。 その後男は金銭を要求するも、やがてまき散らしたガソリンに火をつけてしまいました。

容疑者を含む3人が死亡、41人が負傷

犯人がつけた火がまき散らされたガソリンに引火し、犯人を含めた3名が死亡し負傷者も41名に達しました。 立てこもる時に人質にされていた男性社員8名のうち、支店長以外はこの時すでに解放されていました。そのためガソリンに引火した火が爆発した時に亡くなったのは、犯人と支店長に加えて逮捕するために近くにいた警察官でした。 また負傷者の41名は警察官や消防隊員、報道陣に加えて爆発時近くを通りかかった通行人などでした。

名古屋立てこもり放火事件の経緯

犯人がビルの一室に立てこもるまでに追い詰められた、それには原因があります。持ち込んだガソリンをまき散らし、人質を取ってまで犯人が要求したかったものは未払いの賃金でした。 結局犯人は説得に従うことなく、ガソリンに火をつけて自爆してしまいました。なぜそのような行為に出てしまったのか、事件の経緯を詳しく見ていきます。

賃金未払いの抗議で包丁とポリタンクを持って会社に侵入

もともと犯人である男が会社に侵入したのは、未払いであった賃金の支払いに対する抗議のためでした。その際犯人は、包丁とガソリンの入ったポリタンクを持っていました。 男が侵入したときに男性社員の一人と揉みあいになり、手に持っていた包丁で軽傷を負わせています。ビル内には女性を含め31名の社員が在室していましたが、負傷した男性と女性社員はすぐに開放されました。 犯人の男は、侵入した会社とわずか半年ほど前に契約した運転手でした。

 

ガソリンを撒き、支店長を含む社員8人を人質に取って立てこもる

犯人は女性社員や負傷者を開放する一方で、周囲に持ち込んだガソリンをまき散らしました。そのうえで支店長を含めた男性社員8人を人質に、オフィスに立てこもりました。 警察が駆け付けたにもかかわらず犯人をなかなか制圧することができなかったのは、揮発したガソリンが周囲に充満していたためです。 僅かな火花でもガソリンが引火、爆発する危険があったためにうかつに銃器などを使用できる状況ではありませんでした。

支店長以外を解放し、支店長に未払い分の給料を振り込ませた

犯人は社員を傷つけるつもりはなかったようで、ガソリンをまいて立てこもった後はすぐに支店長以外の男性社員は開放しています。その後支店長に未払い分の給与を自分の口座に振り込ませました。 未払いだったのは3か月分の給与でした。現金で25万円で、支店長に命じて電話を掛けさせ本社から振り込みをさせています。 犯人の要求は通り、本社はすぐに現金を指定された銀行口座に振り込みました。しかし支店長が解放されることはなく、犯人も投降はしませんでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる