\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

ジェフリー・エプスタインはペドフィリアの大富豪。性的暴行の数々にMeToo運動の告発が相次ぐ。

もくじ

1分でわかるジェフリー・エプスタイン

1分でわかる記事の要点

  • 総資産1000億円以上の大富豪で、慈善家だった
  • 数十人の10代の少女を性的搾取し、裁判にかけられた
  • 無罪を訴えたが、拘留中の施設で2019年8月に自殺

ジェフリー・エプスタインとは

ジェフリー・エプスタインはニューヨーク生まれのアメリカ人です。アメリカ有数の大富豪で、慈善家としても知られていました。彼は複数の捜査によって、ペドフィリア(小児性愛者)だと判明しており、2度の刑事裁判で有罪判決が出ています。

ヘッジファンドの大富豪

ジェフリー・エプスタインは1953年、ニューヨーク市のブルックリンで生まれました。高校を飛び級で卒業するほど優秀でしたが、進学先のニューヨーク大学数理科学研究所を中退しています。 しばらくは高校教師をして過ごしていましたが、金融関係で働く生徒の親にトレーダーの才能があると見込まれ、投資銀行に転職しました。後に独立してヘッジファンドを経営し、巨万の富を築きました。 ジェフリー・エプスタインの総資産は1000億円以上と言われています。彼はその豊富な資金を科学分野に惜しみなく寄付(過去20年間で30億円以上)し、政財界の人脈を広げました。

ペドフィリア

ジェフリー・エプスタインは、ハーバード大学などの研究機関をはじめとして、著名な科学者にも多大な寄付を行う慈善家として知られていました。彼にはペドフィリアという一面がありました。 ペドフィリアとは、主に10歳以下の児童を性愛の対象にする性的嗜好のことです。ジェフリー・エプスタインは、複数の少女と肉体関係を持っていました。 アメリカの日刊新聞マイアミヘラルドの調べによると、ジェフリー・エプスタインの手帳には100名以上もの少女の連絡先が記載されていたそうです。

ジェフリー・エプスタインの私生活

大富豪ジェフリー・エプスタインは、政財界に広い交友関係を持っていました。ビルクリントン元大統領や、ドナルドトランプ現大統領とも進行があったほどです。またイギリス王室のアンドルー王子とも親しくしていたとされ、有名人を招いて豪邸や個人所有の島で少女達に性的暴行をしていました。

ドナルドトランプやビルクリントンとの親交

ジェフリー・エプスタインはヘッジファンドで成り上がった後、ドナルドトランプ現大統領やビルクリントン元大統領と交友関係を持ちました。 ドナルドトランプ現大統領は、ジェフリー・エプスタインが2019年7月に逮捕された際、知人であったことを認める発言をしています。 特にジェフリー・エプスタインとビルクリントン元大統領とは、プライベートジェットで一緒に旅行するほど親しい間柄だったともいわれています。

アンドルー王子との共犯

エリザベス2世女王の次男であるアンドルー王子は、ジェフリー・エプスタインの手引きで、少女に肉体関係を強要していた疑いがあります。 彼はジェフリー・エプスタインの島や豪邸を、たびたび訪れていました。しかも若い少女とのツーショットが目撃され、撮影されたこともあります。 またアンドルー王子には、人身売買(未成年者の斡旋)の共犯疑惑もあります。アンドルー王子自身は共犯を否認しており、性行為の事実もなかったと証言していますが、まだ真相はわかっていません。

所有していた島や豪邸が性的暴行の犯行現場となった

児童性的虐待の現場となったのは、ジェフリー・エプスタインの豪邸や個人所有の島です。このうち島については、通称「小児性愛の島」や「乱交島」とも呼ばれています。 島の正式な名称はリトルセントジェームズ島で、アメリカ領ヴァージン諸島にある、広さ30万平方メートルほどの島です。 イギリスのインデペンド紙の取材では、この島に10代の少女が多数呼ばれ、乱交パーティが開かれたといわれています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる