\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

石巻3人殺傷事件で千葉祐太郎らに下された死刑判決。少女殺害事件の裁判員裁判の全貌。

もくじ

1分でわかる石巻3人殺傷事件

1分でわかるニュースの要点

  • 石巻3人殺傷事件は石巻市で少年が起こした殺人事件
  • 復縁トラブルが原因で元交際相手の家族・知人が犠牲
  • 犯人の千葉祐太郎は死刑判決

石巻3人殺傷事件の概要

石巻3人殺傷事件は、千葉祐太郎が交際していた相手女性の姉及びその知人を殺害し、その場にいた知人男性を負傷させた事件です。 手下を連れて元交際相手委の家に押し入って包丁で複数人を殺傷するという鬼畜な犯行は、世間に不安と衝撃を与えました。

千葉祐太郎と共犯の少年の2名による犯行

2010年2月10日、千葉祐太郎は共犯の少年とともに、石巻市内にある元交際相手の実家を訪れ犯行に及びます。 この共犯の少年は千葉祐太郎の子分同然の少年であり、この少年に凶器である牛刀を用意させるとともに、自分の代わりに犯行を実行するよう命じました。 しかし犯行直前になり、この少年は犯行を拒否。結局千葉祐太郎自ら犯行を行いますが、この少年の犯行と見せかけるよう、少年の指紋をつけるなどの隠ぺい工作を行ったとされています。

元交際相手の家に押し入り女性2名を殺害し男性1名を負傷させた

千葉祐太郎が交際していた女性の実家に押し入ったのは同日午前6時40分頃とされています。 千葉祐太郎は実家の2階で就寝中寝の元交際相手の姉とその友人女性を牛刀で何度も刺して殺害。さらにその場に居た姉の知人男性にも重傷を負わせました。 こんなに朝早くから押しかけてくるということは最初から犯行目的であったといえます。そうではなく、相手に何か交渉したりするつもりだったとしたら非常識にもほどがあります。

犯行後元交際相手を誘拐し逃走

千葉祐太郎は犯行に及んだ後、交際していた少女を無理やり車に乗せて誘拐し、逃走します。この際、少女の脚にも傷を負わせるなど凶悪性がみてとれます。 しかし、同じ日の午後に同市内で身柄が確保され、千葉祐太郎は未成年者略取誘拐・監禁の罪で現行犯逮捕されます。 凶器を用意して殺害に及んだ割には逃走後の計画性はなく、怒りに身を任せた短絡的な犯行であることがわかります。

石巻3人殺傷事件の千葉祐太郎の犯行の動機

千葉祐太郎の犯行動機は、少女との間を引き裂かれそうになった原因である家族を排除しようとしたものでした。 しかし、普段の素行からすれば家族がとった行動は当然のものであり、何の罪もない者が犠牲になったことは残念でなりません。

復縁をめぐるトラブル

千葉祐太郎は少女と1年半以上交際していましたが、少女はたびたび暴力(DV)を受けていました。2人の間には幼い娘もいました。 少女は警察や家族に相談し、娘とともに実家に身を寄せていました。警察にはストーカー被害の相談を持ち掛けていましたが、被害届までは出していませんでした。 事件発生前日には、千葉祐太郎は復縁を迫り少女の実家に押しかけますが、少女の姉が警察に通報し、パトカーが駆けつける騒ぎとなりました。このとき千葉と警察は鉢合わせせず、これが事件の引き金になったと考えられています。

DVやストーカーの被害も

破局の原因は、千葉祐太郎の家庭内暴力でした。破局後にはストーカーを行うようになり、その後実力行為に及ぶというのはストーカー犯罪者の典型です。 ただし、事件当時あまり報道はされていませんが、千葉祐太郎自身、両親が幼い頃に離婚し、不遇な家庭環境で育ってきた人間でした。 自己中心的で暴力で解決しようとする姿勢は許されるものではありませんが、周囲にそれを諭す人間がいなかったことも不幸だったといえるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる