\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

林真須美死刑囚は冤罪なのか?和歌山毒物カレー事件の犯行の動機や判決、特別抗告の行方に迫る。

 

もくじ

1分でわかる和歌山毒物カレー事件

和歌山毒物カレー事件のポイント

  • 和歌山毒物カレー事件は夏祭りで起きたヒ素混入殺傷事件
  • 地区住民の林真須美が逮捕され、裁判では死刑が確定
  • 動機不明、証拠も不十分で冤罪の可能性が指摘されている

和歌山毒物カレー事件は、和歌山市内で起きた毒物混入、大量殺傷事件です。夏祭りで出されたカレーが原因で67人が中毒症状を起こし、うち4人が死亡しました。 当時マスコミ等で連日、この事件が頻繁に取り上げられました。犯人の林真須美は逮捕されましたが、犯行を否認します。動機・証拠が不十分のまま裁判は進行し、最終的に死刑が確定となった事件です。

和歌山毒物カレー事件の概要

和歌山毒物カレー事件は、和歌山市内で起きた毒物混入、大量殺傷事件です。夏祭りで出されたカレーが原因で67人が中毒症状を起こし、うち4人が死亡しました。 当時マスコミ等で連日、この事件が頻繁に取り上げられました。犯人の林真須美は逮捕されましたが、犯行を否認します。

1998年に起きた毒殺事件

事件の発生は、1998年7月25日。その日は、毎年恒例の夏祭りの日です。事件現場となった和歌山市園部地区の夏祭りでは、自治会の女性らが作るカレーライスがおいしいと近所でも評判でした。 しかし、そのカレーライスに毒が混入し多くの犠牲者を出す結果となりました。 その年の「今年の漢字」は「毒」であったことや、インターネットで毒物を購入して自殺する事件も発生したことから、事件が与えたインパクトの大きさを物語っています。

夏祭りで出されていたカレーに毒物が入れられていた

夏祭りで出されたカレーからはおいしそうな香りがただよい地区の住民を惹きつけましたが、出されたカレーからは味が全くしなかったようです。 カレーを祭り会場で食べる者もいれば、家に持ち帰って食べる者などさまざまでした。徐々に地区内では、住民が下痢を起こしたり腹痛を訴える者が発生し、消防にも連絡され緊急事態へと発展していきます。

被害者は67名が中毒症状を起こし4名が死亡した

保健所の調査も入り集団食中毒が疑われましたが、和歌山県警の検査でヒ素の混入が発覚し、本格的に警察事件の捜査として扱われます。 カレーを食べて中毒症状を起こした者は67名に及び、多くの者が病院に搬送されました。そのうち、自治会の会長・副会長のほか、小学4年生の男児と高校1年生の女子生徒の計4名が死亡してしまいます。若い命をも奪った残忍極まりない大量殺傷事件として、マスコミの注目を集めました。

犯人の林眞須美は12月に逮捕された

林真須美という女性がこの事件の容疑者として逮捕されたのはその年の12月です。しかし、それ以前の10月には別の事件である保険金詐欺と殺人未遂容疑で逮捕されています。 林真須美美の夫もそのとき逮捕されますが、その夫はヒ素を扱う白アリ駆除会社を経営していた経緯があり、廃業後もヒ素を自宅で所有していました。過去にヒ素を用いて殺人未遂を犯した経緯もあり、林真須美は和歌山毒物カレー事件の容疑者として逮捕されました。

和歌山毒物カレー事件の犯人・林真須美

犯人の林真須美はどういう女性だったのでしょうか。4人の子どもを持ち、見た目は普通の主婦でしたが、高級な住宅に住み、贅沢な暮らしをしていたようです。 林真須美と言えば、ホースでマスコミに向かって水をまく姿が印象的ですが、いかにも和歌山毒物カレー事件の犯人という印象がマスコミによって植え付けられたという事情もあります。 ここでは、犯人について解説します。

元々別の容疑で逮捕されていた

林真須美は元保険外交員でしたが、1998年10月に知人男性に対する保険金詐欺、殺人未遂の容疑で逮捕されます。同時に、夫の林健治も別の詐欺事件で逮捕されます。 保険金詐欺については、林真須美被告は、夫が働かずギャンブルで数千万円を浪費する中、子ども4人を育てるために詐欺をしたことを認めています。 さらに、林真須美被告の自宅からヒ素が出てきたことや、同被告が夏祭りのカレーの番をしていた際怪しい動きをしていたことが逮捕の決め手となったのです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる