\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

ブラジルサッカー1部シャペコエンセの墜落事故。多くの選手を失ったチームの復活劇。

 

もくじ

シャペコエンセの墜落事故から3年が経過した現在

墜落事故で多くの選手を失ったシャペコエンセの復活劇とは

  • 航空機事故で主力選手を失ったシャペコエンセ
  • 事故の大きな要因は人的なミス
  • チームは奇跡的に復活するも3年後2部に降格

2016年11月に起きた墜落事故

2016年11月28日ボリビアのビルビル国際空港からコロンビアのコルドバ国際空港に向かっていたラミア航空の2933便がコルドバ国際空港の南にある山中に墜落しました。 航空機にはブラジル1部リーグ・セリエAのサッカーチームであるシャペコエンセの主力選手とチームのスタッフに加えて取材陣が乗っていました。

選手や監督を乗せた飛行機は71名が死亡

この航空機事故では71名が死亡しました。生存者はわずか6名でした。航空機に乗っていたシャペコエンセのメンバーはサッカー南米大陸選手権の決勝ファーストレグに向かう途中でした。 主力選手やチームの首脳陣をも事故で失ったシャペコエンセは壊滅的な状態に陥りました。

墜落の原因は燃料不足

世界のサッカー史上に残るこの悲惨な航空機事故の原因は燃料不足とされています。そこには到底信じられないような人的なミスが存在していました。シャペコエンセを悲劇に陥らせた墜落事故の真相に迫ります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる