\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

新型コロナウイルスの影響は製菓業界にまで。うなぎパイの一時製造中止が発表。

もくじ

製菓業界にも新型コロナウイルスの影響か

新型コロナウイルス感染拡大が製菓業界にも影響

  • 静岡県の銘菓うなぎパイも製造ラインを中止
  • 外出や式典の自粛により出荷量が減少
  • 観光客減少も影響、感染拡大はいつまで続くのか

うなぎパイの製造中止の原因は新型コロナウイルス

うなぎパイを製造する「うなぎファクトリー」は、新型コロナウイルス感染拡大によって販売数が低下しているため3月13日から同27日まで製造ラインを休止すると発表しました。 ただ、再開時期は今後の状況次第としており変更の場合は改めて告知するとしています。

人の移動が少なくなったことが影響

うなぎパイは地元の静岡県浜松市内と名古屋、また東京の百貨店や一部の空港でしか販売しておらず、通信販売も行っていません。そのため、実際に現地に訪れる観光客が買い求めていくケースが多くこの度の感染拡大によう観光客減が販売数に大きく影響しました。 2018年に大手リサーチ会社が行った調査では静岡県の観光客で中国人の占める割合は64.6%にのぼり、全国平均の26.5%を大きく上回っています。 静岡空港では今まで週30便程度運行していた中国路線がゼロになるなど、中国人観光客減の大きな要因となっています。

製造中止は今後も長引く可能性も

春華堂の発表では製造開始を3月21日としていますが、今後の状況を見ながら慎重に検討していくとしています。工場見学(コンシェルジュ付き含む)は通常通り営業するとし売店やカフェも営業を続ける模様です。 また、和洋菓子の実演販売を行うnicoeのパフェメニューやビュッフェランチ、ディナーも一部のサービスを除き中止するとしています。 同社のうなぎパイファンの間では製造工場の休止によって品不足になるという懸念が広がっており、既にインターネットなどで不正に高い価格で転売が行われています。

新型コロナウイルスの影響は製菓業界にまで

製菓業界にとってホワイトデーや入学式などの式典用菓子の販売数が伸び、本来ならかき入れ時となる3月∼4月ですが政府の学校一斉休校や式典などの中止要請が売上減に拍車をかけました。 また、ホテルやレストランなどで行われている季節のスイーツ食べ放題らのイベントや、結婚式やパーティーの中止により大口注文が激減しています。 製菓業界のなかには政府の要請で不急不要の外出を控える顧客向けに、オンラインサービスを強化する動きが出始めています。

今後影響が予想される業界

厚生労働省では14日現在の段階で食品による感染は確認されていないとしていますが、一方で、食品に触れたことで接触感染する可能性があると注意を呼びかけています。 製菓業界では手洗いや消毒など基本的な衛生管理を徹底させることと、風評被害を生まないための広報活動を行っています。また、うなぎパイに見るようにインバウンドの減少が製菓業界にも影響しており、外国人観光客に頼っていた企業は厳しい状況が続きそうです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる