\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

新型コロナウイルスの影響で自転車が品薄に。繁忙期を目前に自転車販売店は苦境。

もくじ

新型コロナウイルスの影響で電動アシスト自転車が品薄に

1分でわかるニュースの要点

  • 新型コロナウイルスの影響で自転車が品薄
  • 新年度で需要が高く自転車販売店は繁忙期
  • 繁忙期にもかかわらず売るものがない状態

自転車全般が品薄になる可能性が高い

新型コロナウイルスが電動アシスト自転車の生産に影響を及ぼしています。自転車の部品のほとんどが中国で製造されているためで、部品の入荷が滞っているのが現状です。今後は自転車全般が品薄になる可能性が高いと思われます。 電動アシスト自転車を購入できない人々が普通の自転車を購入していき、自転車全般が品薄になることが考えられます。

電動アシスト自転車の部品のほとんどが中国製

電動アシスト自転車の部品のほとんどは中国の工場で製造されています。しかし新型コロナウイルスの影響で工場の休業や入荷の遅れが生じており、日本は部品の調達が困難な状態です。 中国からの部品が滞っているため電動アシスト自転車は品薄で、在庫切れの店舗が広がっています。中国の流通が再開されるまでの間は品薄状態が続くと予想されます。

新生活が始まる年度のはじめは繁忙期

年度はじめは入学や入園などに向けて自転車の需要が高まる時期です。毎年、新生活が始まる時期は自転車販売店の繁忙期でしたが、品薄の状態が続けば繁忙期を逃すことになるため自転車販売店は対応に追われています。

入学、入園で自転車需要は高まる

3、4月は入学や入園に向けて自転車の需要が高まります。新生活に合わせて自転車を新しく購入する人が増えるためであり、自転車販売店も毎年販売に力を入れています。 電動アシスト自転車の出荷台数は自転車全体の40%を占めていますが、現在の品薄状態では供給が追いつきません。店にも客にも困惑が広がっています。

繁忙期を逃す自転車販売店

需要が高まる時期ではありますが、商品である電動アシスト自転車がないため自転車販売店は需要に応えることができていません。品ぞろえが不十分で色やモデルを選べない事態が生じており、先行きは不透明です。 自転車販売店は繁忙期を逃すしかなく困惑しているものの、自転車が必要な消費者の期待にはなるべく応えたいとしています。工場が休業している中国からの流通が安定するまでは、しばらく在庫切れや入荷の遅れが予想されます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる