\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

夏の甲子園は高校総体中止の発表にどうするか?開催に伴う様々なリスク。

もくじ

新型コロナウイルスで夏の甲子園はどうなる?

2020年夏の高校野球は開催できる?

  • 春のセンバツは中止、夏も開催の見通し立たず
  • 夏の高校総体は史上初の開催中止が決定
  • 夏の高校野球の開催実現には課題が山積み

開催の見通しが立たない夏の高校野球

2020年8月10日に開催予定の夏の高校野球(甲子園)は、未だ開催の見通しが立っていません。政府から出された緊急事態宣言を受け、全ての都道府県で県大会と春の地方予選が中止になり、甲子園の予選をどうするかすら見通しが立っていません。 新型コロナ感染拡大を防ぐため、野球部は練習もままならない状況です。特に都市部の高校では全く練習できない日々が続いているようで、強豪校でも全ての部員が帰省しているところもあります。

春の大会は中止に

2020年3月19日から開催予定だった選抜高等学校野球大会(センバツ)は、3月11日に開かれた臨時運営委員会で開催中止が決まりました。 新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着く見通しが立っていなかったことと、すでに選手は練習の中断を余儀なくされており、十分な準備をして開催できる状況になかったことが理由です。

高校総体は中止を発表

今年8月に予定されていた高校総体は、中止にすると発表されました。多くの参加者や観客が移動する際の感染リスクが高く、会場の消毒などの感染対策が難しいことが理由です。

史上初の中止となった高校総体

2020年8月に開催予定だった高校総体は、新型コロナウイルスの感染拡大が心配される状況を踏まえ、史上初の中止が決まりました。 高校総体は、4万人の選手と関係者、60万人以上もの観客を動員する大規模イベントです。主催の高体連は、専門家から予定通りの開催は難しいとの助言を受けていました。

安全の確保が難しく

高校総体では、参加する選手と関係者に移動中や宿泊中、競技中になどのあらゆるタイミングで感染リスクがあることが考えられます。 加えて緊急事態宣言により休校している高校では、高校総体のための練習ができていません。安全の確保が難しく、選手が万全の状態で参加できないという判断から、中止が決定されたのです。

高校野球も中止にすべきか?

夏の高校野球も、高校総体と同様に中止にすべきではないかという声も出始めています。緊急事態宣言が解除される見通しが立っておらず、高校の再開もいつになるかわからない状況だからです。

試合ごとに消毒が必要など負担は大きく

日本高野連では、安全に大会を運営する方策はないかと模索している最中です。例えば、選手同士が密集する開会式を行わない、無観客試合にして、客席には家族や学校関係者、応援団も入れないといった案が出されています。 消毒液の準備を進め、試合ごとに消毒する計画があるようですが、スタッフと費用面の負担が大きくなることに心配の声もあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる