\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

娘への性的虐待を行った父親が控訴審で逆転有罪。浮き彫りになった性的虐待問題の課題。

 

もくじ

実の娘に性的虐待をおこなった父親に逆転有罪判決

1分でわかるニュースの要点

  • 実の娘への性的暴行事件の控訴審で逆転有罪
  • 無罪判決だった一審に対しては抗議デモがあった
  • 子どもの性的虐待を防ぐには課題が多い

一審では無罪も控訴審で懲役10年に

今回名古屋高裁での裁判は、2019年に名古屋地裁岡崎支部で行われた一審の控訴審です。父親が実の娘に対して性的虐待を行い、準強制性交等罪に問われた裁判でした。 一審は性的虐待を認定しつつ、被害者の娘が性的行為に抵抗していたかは判断できないとして、無罪判決となっていました。名古屋高裁では一転して無罪判決を破棄し、検察の求刑通りに懲役10年の有罪判決を下しました。

父親は幼少期から娘を虐待か

裁判で争点となったのは、主に以下の2点です。 ・性的虐待の事実 ・被害者が性的行為に抵抗していたか(同意の有無) 性的虐待の事実は一審でも控訴審でも認められていましたが、同意の有無については判断が分かれました。控訴審では性的虐待が幼少期から行われていたこと、長年の虐待で抵抗が困難だったことに着目し、同意はなかったとして逆転有罪を言い渡しました。

判決を受け父親は上告

逆転で懲役10年の有罪判決を受けた父親は判決に不服であるとして14日付で控訴したことが明らかになりました。

実の父親による性的暴行事件で世間の注目も高く

2019年に行われた父親の性的虐待裁判は、無罪判決も含めて世間に大きく注目されました。実の親による子どもの性的虐待は発覚が遅れがちで、深刻な問題になるケースが少なくありません。あまり知られていない、子どもへの性的虐待の実態はどうなっているのでしょうか。

子どもに対する性的虐待の深刻さ

NPO法人シェルターネットの調査によると、子どもに性的虐待を加えるのは実の父親であることが大半のようです。 家庭や家族とは、本来子どもにとってもっとも安全な場所です。しかし父親が加害者となることで、子どもには逃げ場がなくなってしまい、肉体的にも精神的にも追い詰められることになります。 被害が外部に伝わらないことから、子どもが自傷や自殺に走るなど深刻な状況にも陥りやすくなっています。

声を上げることができない子ども

今回逆転有罪となった父親の性的虐待ようなケースでは、子どもの側から被害を訴えることが困難です。幼少期から虐待が繰り返された場合、子どもは加害者である親の精神的支配下に置かれるため、反抗できなくなるのです。 また被害者の子どもが小学生以下の場合は、自分に何が起こっているのかをそもそも理解できません。こういった理由から、子どもが自発的に訴えることが難しくなっています。

精神的ダメージが将来に及ぶケースも

性的虐待が子どもに与えるダメージは計り知れません。肉体的影響から発育が遅れることもありますが、より深刻なのは精神的影響です。 性的虐待被害を受けた子どもが無事に成長したとしても、目に見えない心的外傷(トラウマ)が残って、記憶障害や解離性同一性障害を発症してしまうケースも考えられます。こういった精神的ダメージを癒やすには、気の遠くなるほど長い時間が必要となります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる