\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

JALがANAに続き21年度の採用を中断へ。苦境に立たされる航空各社の行く末は?

 

もくじ

JALが21年度の採用を中断へ

1分でわかるニュースの要点

  • 航空会社の売上は全世界で33兆円の減少で前年の半分
  • 日本の航空会社各社は採用活動を中断
  • 新型コロナウイルスの影響が長引き、倒産や国有化も

急激な業績悪化に苦しむ航空業界

国際航空運送協会(IATA)によれば、新型コロナウイルスの影響によって2020年度の航空業界の売上高は全世界で前年度よりも33兆円低下し、前年度の約半分にまで落ち込むとされています。 国内の航空会社であるANAやJALの業績予想では売上高を5%程度下方修正したのみで比較的軽微ですが、営業利益ではJALが28%減、ANAが57%減と下方修正に迫られています。 このように、世界的にも日本国内においても航空業界は急激な業績悪化に苦しんでいます。

内定者はそのまま採用する見込み

ANAホールディングスではすでに内定を出した専門学校生ら600人に対してはそのまま採用すると発表しています。 また、JALもグループ各社で内定を出していて150人に対しては内定取り消しを行わなず、自社養成パイロットや企画職の障碍者採用については今年度も継続する方針を打ち出しています。

採用中断が迫られる航空各社

急激な業績悪化によって採用中断を決断する航空会社が相次いでいます。ANAやJALだけでなく格安航空会社LCCも採用中断するなど、航空業界全体において採用活動がストップしています。 業績悪化に伴う採用活動の減少は今後も増加するでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる