\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

フィンランドが週休3日制を検討。生産性向上や自由な時間が増えメリットが多い?

 

もくじ

フィンランド政府が週休3日制を検討

フィンランドの週休3日制とは

  • フィンランド政府が週休3日制導入検討との報道
  • 労働生産性の向上も期待される週休3日制
  • 週休3日制は広まるのか

1日6時間労働も検討

週休3日制や1日6時間労働制の導入について、フィンランドが検討するとメディアに取り上げられ注目を集めています。しかしフィンランド政府はこれを誤報として否定しています。 これにはフィンランドのマリン首相が運輸大臣当時の2019年8月に週休3日制などについて話をしたことが2020年になって報道されたのではとの推測もあります。 仮に誤報としてもこのニュースが大きく取り上げられること自体、週休3日制に対して関心が大きいことが伺われます。

 

家族との時間や趣味の時間を確保が目的

週休3日制や1日労働6時間制は家族との時間や趣味の時間を確保し、言い換えればワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現が目的とされます。 期待できるメリットは週休3日制によって家族と過ごす時間も増やすことができ、また資格取得など自分を磨く時間も作ることができるなどプライベートの充実です。 プライベートな時間が増えるので、体を休ませたり趣味に打ち込んだりして心身のリフレッシュを図ることができるのもメリットです。

週休3日制の効果は?

週休3日制の効果についてはどうでしょうか。日本マイクロソフト社の試験導入では従業員から圧倒的支持を受けただけではなく、労働生産性が40%も向上したという結果が出ています。海外の企業の調査でも生産性の向上などの効果があることが報告されています。

マイクロソフトの取り組み

日本マイクロソフトは試験的に週休3日制を導入したところ労働生産性が40%上がったと報告しています。 同社では2019年8月に1ヵ月間だけ毎週金曜日を特別休暇として正社員に給料を払う週休3日制に取り組みました。 この結果労働生産性が上がっただけでなく、電力消費量は前年同月比23.1%減、印刷枚数も同58.7%減という成果もあったとしています。実施後の社員アンケートでは92%が支持を表明しています。

海外では

海外では週休3日制を導入したり試験的に導入する企業が増えているようです。週休3日制がかなり定着しているオランダでは特に子育て中の夫婦の場合週3勤務や週4勤務が多いそうです。 ニュージーランドの企業が2018年3月から4月にかけて週休3日制を試験的に導入した結果、従業員の集中力が向上して生産性が20%向上したと報告されています。 オックスフォード大学経済学者らの研究では週休3日制を導入したコールセンターの5,000人の担当者に調査したところ、幸福度や生産性が向上したとしています。

 

会社側にもメリット

週休3日制や労働時間の短縮は労働者に家族との時間や趣味の時間などの確保するというだけではなく、会社側にもメリットがあります。これまでの調査では従業員の集中力を高めるので生産性が向上しています。また経費の節減にもつながることがわかっています。

生産性の向上

週休3日制は会社側にもメリットがあり、生産性の向上や経費の節減が確認されています。 日本マイクロソフト社の試験的導入では1か月の売り上げを社員数で割った労働生産性は約40%向上しています。またニュージ-ランドのパーペチュアル・ガーディアン社では生産性が20%向上しています。 ニュージーランド企業の場合、例えば作業の自動化、会議の持ち方の改善、チーム内チャット機能の導入など細かなアイディアによる効果やチーム内の信頼感が増したことが報告されています。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる