\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

アメリカが予算83億ドルの新型ウイルス緊急対策法を成立。感染拡大阻止への効果は?

もくじ

アメリカが新型ウイルス緊急対策法を成立

アメリカが新型コロナウイルス対策の緊急対策法を成立

  • 緊急予算約83億ドルでワクチンの開発等の対策を急ぐ
  • ニューヨーク州やカリフォルニア州で感染者が拡大
  • 新型コロナウイルス対策は米大統領選に影響するのか

世界中で新型コロナウイルスの感染者が拡大中

世界中で感染が拡大することを受け、WHO(世界保健機構)のテドロス アダノム 事務局長は6日の定例会見おいて、感染者数は10万人に近づいたと現状を発表しました。 一方で、複数のメディアや研究機関による独自の集計では、感染者はすでに10万人を超えているといった情報もあります。実際に欧州でも、感染者・死者は増加続けており、現在は韓国、イラン、イタリアで多くの感染者が確認されています。

 

83億ドルの予算を入れた法案で初期の3倍近くの金額に

トランプ政権は当初議会に要求していた25億ドルの対策費を、3倍近く増額すると発表しました。これは野党・民主党の増額要求に応えたもので、上下院は5日までに約83億ドルの緊急予算法案を賛成多数で可決しました。 米国下院は議席数の多い野党・民主党が主導権を握っており、当初の25億ドルでは不十分としてトランプ政権を批判していました。

アメリカで感染者が拡大する新型コロナウイルス

ニューヨーク州では今月入ってから感染者が急速に増えており、現在76人の感染が確認されたことから、州全体に非常事態宣言が出されました。また、西部カリフォルニア州と首都ワシントンに隣接する東部メリーランド州にも非常事態宣言を出し住民への注意を呼びかけました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる