\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

立憲の高井崇志議員が歌舞伎町の性風俗店に出入り。不要不急の外出に批判の声。

もくじ

立憲高井崇志議員が歌舞伎町の性風俗店に出入り

1分でわかるニュースの要点

  • 緊急事態宣言のわずか2日後、性風俗店へ足を運ぶ
  • 立憲民主党は離党届を受け取らず除名処分
  • 今後の求心力が懸念される立憲民主党

緊急事態宣言が出される中、風俗店へ

7日に7都道府県に発令された緊急事態宣言の最中、高井崇志議員は9日に、新宿・歌舞伎町のセクキャバ(セクシーキャバクラ)に入店しています。セクキャバは体を密着させたりキスが可能であったりする風俗店であるため、濃厚接触の度合いも非常に高いです。 3月30日には小池百合子東京都知事が、ナイトクラブや飲食店への入店自粛も要請している中での軽率な行動でした。

立憲民主党は離党届を受け取らず除籍処分へ

立憲民主党代表の枝野幸男氏は報道を受けた15日、高井崇志議員を立憲から除籍処分した旨を発表しました。提出された離党届は受け取らなかったため、立憲民主党としても非常に重い問題と捉えているようです。 同時に枝野幸男代表はTwitter上で動画を公開し、謝罪及び高井崇志議員への怒りを表明しました。

支持率が低下している立憲民主党

NHKの世論調査によると、立憲民主党は支持率が4.0%と低迷しています(FNNの合同調査でも3.7%)。 高井崇志議員問題の発覚前である4月13日の結果であるため、今後さらに支持率が低下する恐れがあります。 立憲民主党は、新型コロナウイルスの脅威の最中も「桜を見る会」の追求を止めず、野党としての役割を果たしていないと批判も出ています。今後の立憲民主党は、国民の支持を集めることができるのでしょうか。

国会では「桜を見る会」の追求を続けた立憲民主党

立憲民主党は国会でも、安倍晋三首相の桜を見る会を巡る問題を、昨年から追求し続けました。不明点が多く追求すべき問題ではあるものの、「本当にコロナの混乱の中でも議論すべきなのか」と、国民や議員の間でも不満が溜まっています。 1月16日に国内初の感染者が出てからも、新型コロナウイルスの対策についての追求や対案に時間を割かなかった事実もあり、現在の支持率の低下に関係していると考えられます。

今回の事件がさらなる低下を招く可能性

今回の高井崇志議員の問題以前には、初鹿明博氏や青山雅幸氏のセクハラ問題が浮上しています。初鹿明博氏は去年の12月に書類送検されました。 セクハラ禁止法案もまとめている党の度重なる不祥事に加え、今回の緊急事態宣言下の軽率な行動は、さらに支持率の低下を招く可能性が高いです。野党の中でも大きな力を持つ政党の求心力が揺らいでいます。

今立憲民主党に求められることとは?

立憲民主党に今求められていることは、新型コロナウイルスの脅威に晒されている日本のために、与党の政策について徹底的に議論することだと考えられます。 「スピード感に欠ける」「国民の意思を反映していない」と批判を集める自民党のコロナ対策に、もっとも強く意見をぶつけられるのは、野党である立憲民主党です。 国民の信頼を取り戻すには、国民に支持され、信頼される政治を作り上げることではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる