\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

日本の男女格差は深刻か?ジェンダーギャップ指数で明らかになる世界との差。

もくじ

日本は男女格差が広がっているのか?

ジェンダーギャップ指数で日本の男女格差が明らかになる

  • ジェンダーギャップ指数の2019年版が発表された
  • 日本はこれまでのワースト記録を更新した121位
  • 特に政治分野での遅れが問題視される

ジェンダーギャップ指数2019年版が発表

ジェンダーギャップとはWEF(世界経済フォーラム)によって毎年算出される、男女の格差指数です。数値が1に近いほど「男女格差がなく平等」、0に近いほど「男女格差が大きく不平等」を意味します。 ジェンダーギャップは政治・経済・教育・健康の4つの分野、14の項目に分けて算出します。このジェンダーギャップ指数によって、各国の男女格差を明らかにし、その国の発展レベルを測ることを目的としています。 日本は世界的にジェンダーギャップで遅れを取っていることで知られています。 その中での日本の順位や日本の女性の社会進出の遅れの原因を解説していきます。

 

日本は過去最低の121位

ジェンダーギャップは毎年算出されています。最新の2019年版で、日本は調査対象の144ヵ国中、121位でした。この順位は日本にとって過去最低です。 前年の2018年は114位でしたが、2019年はさらに順位を下げています。前年の114位、2019年の121位は、いずれも主要7か国の中では最低順位です。 それだけ、日本の男女格差は大きいということを意味しています。

政治の分野で大きく遅れをとる

日本が121位となった要因はさまざまあると考えられますが、教育と健康の分野ではかなり高い数値を出しています。 日本の順位を下げているのは経済と政治の分野です。その中でも特に政治の分野では、他国に大きな差をつけられています。この政治分野での大きな差を、教育と健康の数値では埋め切れていないのが現状のようです。

なぜ政治で遅れを取っているのか?

日本はジェンダーギャップの政治分野で、具体的にどのような遅れを取っているのでしょうか。 以下では日本のジェンダーギャップ指数を下げている要因と、1位であるアイスランドとの差について解説します。

日本の女性閣僚は現在2名

日本には現在、女性官僚が2名しかおらず、この数字がジェンダーギャップ指数に大きく影響していると言われています。 さらに、現在日本には50名弱の女性議員がいますが、議席は465です。つまり、議席に対して女性議員は約10分の1しかいないということになります。 ちなみに、ジェンダーギャップの政治分野でトップとなったのはノルウェー・フィンランド・スウェーデンなどで、いずれも議席の約半数を女性が占めています。

1位のアイスランドとの比較

ジェンダーギャップ指数2019年版で1位となったのはアイスランドです。ジェンダーギャップ指数は0.858と、ジェンダーギャップ1にかなり近い数値でした。 アイスランドは、教育・健康・経済の分野がどれも1に近い、安定した数値を出しているだけでなく、政治に関しても高い数値となっています。 つまり、4つの分野がどれもバランスの良い数値となっているため、トータルの順位も高くなっているのです。日本は政治の分野で大きく数値を下げているため、他3分野を満たしていたとしてもバランスが取れず、数値を上げることができません。

男女での収入格差

日本では昔から男女格差があることが受け入れられていました。近年では、雇用機会均等法などによって性別による収入格差を埋めようという働きもありますが、完全な男女平等とは言えないのが日本の現状です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる