\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

小泉進次郎氏が育休取得の方針。”働き方改革を実現するには働き方を改革するべし”

もくじ

小泉進次郎氏が育児休暇を取得することを決定

小泉進次郎環境大臣が育休取得

  • 小泉進次郎環境大臣が第一子誕生後に2週間の育休取得を発表
  • 官民で働き方改革を進める・男性も育休を取りやすい社会を目指して
  • 自身のイメージアップに利用しているのか・不倫疑惑のもみ消しかとの批判も

小泉進次郎氏の育休

2020年1月15日、小泉進次郎環境大臣が「育休」を取得することが決まりました。第一子誕生後の3ヶ月に計2週間の「育休」を取る予定です。「働き方改革」を進める狙いがあると語っていますがインターネットでは早くも批判的な意見が多数を占めています。

第一子の誕生から3ヶ月間で2週間分の育休取得を発表

環境大臣という要職に就く議員が育休を取得するのは今回が初めてで、それだけに世間の注目が集まっています。 小泉進次郎環境大臣は、今月に出産予定の第一子の誕生から3ヶ月間で計2週間の育休を取ると発表しています。妻の滝川クリステル氏の健康状態は良好で、このまま順調に行けば予定日には出産できそうです。 小泉進次郎環境大臣は環境省の職員が育休を取りやすくするためと述べていますが、インターネットを中心に同環境大臣の育休取得に批判的な意見が多く集まっています。

妻の健康状態を心配、支えたい思い

小泉進次郎環境大臣は、育休取得の理由のひとつとして妻の滝川クリステル氏の健康状態が心配なので支えになりたいと語っています。 この発言についても「たった2週間で支えになるのか?」「金持ちなんだからベビーシッターを雇った方がいい」などの批判が集まっています。 この僅か2週間の育休には、妻を気遣う優しさをアピールするいい機会という思惑があるのでしょうか。

テレビ通話などを利用しオンラインで公務は継続する方針

現状、一般のサラリーマンでも育休を取得するのは難しいと言われている中、環境大臣という要職に就いている人が育休を取得するためには高いハードルがいくつもあると想像されます。 小泉進次郎環境大臣は育休中も「公務優先」「危機管理万全」と語り、テレビ会議やメールなどを導入して在宅で公務を行う予定です。 また、育休中は重要事項以外は副大臣に代行させるとし、出来る限り育休を中身のあるものにしたい考えです。

大臣が育休を取ることで議員の働き方改革を推進する狙い

小泉進次郎環境大臣は自身が育休を取ることで、他の議員の「働き方改革」を推進していく狙いがあるようです。 国会議員に限らず、地方の議員も税金で仕事をしているのだから「育休を取るのはおかしい」といった意見が多く、なかなか取得することができないのが現状です。 厚生労働省男女共同参画局の調べでは、平成30年の男性の育休取得率はわずか6.16%に留まっており、今回の小泉進次郎環境大臣の育休を切っ掛けに改善を期待する声も聞かれます。

官民で進む働き方改革

日本は先進国の中でも男性の育休取得率が低いといわれています。そこで、昨年の4月1日に「働き方改革関連法案」が施行され、育休が取得しやすい環境づくりを官民で進めていくことになりました。 公益財団法人 日本生産性本部の2017年アンケートでは、育休を取りたい男性はサンプル数の79.5%に上りました。 少子化が叫ばれる中、若い世代を中心にパートナーと協力して子どもを育てたいという意識が高まっていることが伺えます。

小泉進次郎氏の育休に対する世間の反応

小泉進次郎環境大臣の育休取得には賛成・反対の意見が様々聞かれ、特にインターネットでは批判的な意見が目立ちます。小泉進次郎環境大臣は最近不倫疑惑が持ち上がったばかりで、「疑惑をもみ消すためだ」などと叩かれています。 小泉進次郎環境大臣の真意はどうなのでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる