\ 琉球風水志 シウマの占いページはこちら /

中村哲医師がアフガニスタンで銃撃され死亡。中村哲の功績とは?

もくじ

中村哲医師が銃撃され死亡

ニュースの要点

  • 中村哲医師がアフガニスタンで銃撃され死亡した
  • 中村哲医師はNGO「ペシャワール会」代表としてアフガニスタンで活動していた
  • 中村哲医師の銃撃事件に関してタリバンは関与を否定

【関連記事】海外で起きたテロ関連の記事はこちら

アフガニスタンで武装勢力から銃撃を受け搬送先で死亡

銃撃事件が起きたのは現地時間の2019年12月4日未明のことです。アフガニスタン東部、ナンガル州の州都ジャララバードを移動中だった中村哲医師が乗車する車が何者かに銃撃されました。 運転手を含むボディーガードの同乗者5名がその場で死亡し、中村哲医師は右胸に被弾しました。中村哲医師は事件直後に意識はあったものの、搬送先の病院で死亡したことが確認されました。

 

タリバンは関与を否定

中村哲医師の銃撃事件は武装テロ組織の関与が疑われています。現場のアフガニスタン東部はイスラム系過激派組織の活動が活発な地域であるため、「タリバン」や「IS(イスラム国)」の動向に注目が集まっています。 なお「タリバン」のムジャヒド報道官は、「タリバン」と中村哲医師が代表するNGO「ペシャワール会」は良好な関係にあり、今回の銃撃事件には関与していないと発表しました。

中村哲医師

「中村哲医師」は福岡県出身の日本人医師です。1984年にパキスタン北西の州都ペシャワールに赴任し、以来アフガニスタンの周辺地域で医療を中心とした支援活動を行ってきました。 「中村哲医師」は現地NGOの代表として活動が認められて、いくつもの勲章を授与されています。

NGO「ペシャワール会」の現地代表

「ペシャワール会」は中村哲医師のパキスタンおよびアフガニスタン周辺での現地医療活動を支援するため、1983年に設立された非政府組織(NGO)です。 「ペシャワール会」の活動は当初、中村哲医師に合わせて医療を中心にしていましたが、現在では水資源問題や農業支援、インフラ設備など幅広い支援事業に着手しています。 「ペシャワール会」は現地職員の約300名以外にも、約12000名もの会員が在籍しています。

アフガニスタン政府から名誉市民権を授与

「中村哲医師」は20年以上にわたるアフガニスタンへの支援が評価されて、2019年10月にアフガニスタン政府から名誉市民権を授与されました。 アシュラフ・ガニ大統領は名誉市民権とともに、市民証も手渡し、「中村哲医師」に最大級の賛辞を述べました。 日本人への名誉国民の授与は異例です。名誉国民となった「中村哲医師」はビザ(入国査証)免除など、様々な待遇を受けられるようになりました。

 

アフガニスタンでの活動

中村哲医師は20年以上もの長きにわたってアフガニスタンの支援を行ってきました。中村哲医師は医療活動だけでなく、人道支援にも力を入れてきました。

医療活動

中村哲医師はパキスタン赴任後、州都ペシャワールのミッション病院でハンセン病(らい病とも呼ばれた感染症の一種)の治療に従事しました。 1989年からは山岳地帯の医療過疎地へ活動地域を広げ、貧困層に多く見られたハンセン病や結核(結核菌による感染症)などの診察も行うようになります。 中村哲医師は神経内科が専門ながら、現地の医療従事者不足を受けて、内科から外科まで幅広い医療活動を行っていました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

もくじ
閉じる